堅実女子ニュース&まとめ 女子のすぐそばにある恐怖|仲間はずれにされた? LINEの裏グループ発覚で誰も信じられなくなった~その2〜

平和で穏やかな日々を過ごしていたのに、あるきっかけで世にも恐ろしい体験をしてしまう……まさに一寸先は闇。一番怖いのは人間?働く女性たちが体験した、「本当に怖いと思った」出来事を取材していく本シリーズ。

念願かなって転職したパソコンのインストラクターの仕事で、なんとなく連絡事項が伝えられてないことを感じ始めた山口美樹さん(28歳・仮名)。インストラクター同士は特に仲が悪いということもなく、美樹さんも気のせいだと思っていたといいます。でもある時、美樹さんが仲間はずれにされていること決定的に!

〜その1〜はコチラ

裏LINEグループが発覚!もう誰も信じられない

「インストラクターの仲間はみんな人当たりもよく、苦手な人もいませんでした。でもみんな、私のことを仲間はずれにしていたんですよね。たまたま、仕事も終わり退社してから忘れ物に気付き、再び職場に戻ったことがあったんです。その時に、インストラクターの仲間はまだ職場にいて、写真を見せ合っていました。どうもインストラクターのみんなで忘年会をしたようだったんです。私は何も聞いていませんでした。ワイワイ楽しそうに話していて、私が入ってきたのに気づかないようだったので、全部聞いてしまいました。私が『忘年会したんですか?』って聞いたら、ようやく私が来たことを知ったようで、途端にみんな凍りつきました。その時、『あ、仲間はずれにされているな』ってピンときたんです」

美樹さんはそのあと、グループの中でも気弱そうなインストラクターをつかまえて、忘年会のことを無理やり聞き出したそうです。すると、裏LINEグループがあって、そこでグループ内の連絡事項や忘年会のことなどを回していたとか。

「忘年会は私以外全員参加していました。ショックでしたね。誰も私に話してくれなかったということですから。裏LINEなんてわざわざ作って連絡網を回すなんて、なんでそんなことをするんだろうって思ったんですが、具体的に理由はわかりませんでした。ただ、私のことを仲間はずれにして困らせようとした人がいたのは確かなようです。残念ながら、その人は誰なのかわかりませんでした。もしかしたらグループの中でも温度差があって、積極的に私を仲間外れにしたいという人もいれば、そうでない人もいたのかもしれません。しかし、表面的にはみんな仲良しでいてくれるので、誰が敵で誰が味方なのかまったくわかりませんでした。ただ、そういうことがあってからは疑心暗鬼になってしまって。フレンドリーにインストラクターの同僚に話しかけられても、『この人、もしかしたら私のこと貶めようとしている?』と思ってしまって、作り笑いしかできなくなりました」

1 2