【セカンド女子】愛人は感染リスク扱い? テレワークで見えた不倫相手の本音~その1~

【セカンド女子】愛人は感染リスク扱い? テレワークで見えた不倫相手の本音~その1~

20~30代の独身女性の彼氏がいない率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内にあるシェアオフィスでライターとして起業している三井祥子さん(仮名・36歳)。緩いウェーブの入った黒髪は後ろに一つに束ねられ、目元などのメイクは薄めなものの、意思の強そうな黒い太眉に目がいきます。服装は胸元がザックリとあいたフリルのブラウスに、淡いブルーのパンツを合わせています。アクセサリーは小ぶりのピアスくらいで、バッグはファッションブランドのシンプルなもの。ナチュラル志向だと推測できますが、あの主張の強い太眉がややアンバランスです。そんな彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は栃木県で、両親と4歳下に妹のいる4人家族です。実家から徒歩圏内に両親の親族も住んでいて、観光地から近いこともあって、両親は旅館で働いていました。家族仲は悪くなかったけど、家族団らんは本当に少なかったです。私と妹は両祖父母に育てられた感じでしたから。今は両親とも引退しているんですが、妹がすでに地元の人に嫁いで3人も子どもがいて、私は独身で早々に地元を離れたこともあって、実家の居心地は年々悪くなっていきますね。顔を見るたびに結婚の話をされるので、地元を避けてしまっている感じです」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「私は高校生までおとなしくて地味で、異性関係は何もなくて……。勉強をひたすら頑張って、東京の大学に進学してからですかね。でも、自然とできると思っていた彼氏もまったくで。何度も大学でできた友人に合コンに連れて行ってもらって、やっと彼氏ができたのは2年の終わりごろでした。でも、初めて好意を向けられたことに浮かれてしまっただけで、全然好きじゃなかったから、ひたすら受け身になるしかできなくて。相手には尽くしているのに響かないと思われたのか、2か月ほどでフラれました」

大学を卒業後は出版社に就職を希望するも全滅したこともあり、一時は都内のデパートに就職。販売員として働きだしますが、ライターの夢が諦められずデパート勤務をやめて、編集プロダクションでアルバイトを始めます。そこで、別のデザイン事務所に勤める男性デザイナーと知り合います。

「彼は3歳上のデザイナーで、何度か打ち合わせをするようになり、最初は彼に誘われて2人で遊ぶ関係になりました。体の関係になったのは、終電をなくして、私の家で朝まで飲みなおそうとなったとき。そこから週に1~2度のペースで仕事終わりに私の家に来ることが続いて、私は付き合っていると思っていました」

彼にはオフィシャルな彼女がいた……

1 2
アプリ 婚活 浮気 その1 美人探偵 マッチングアプリ 占い キャリア 不倫 金運 恋愛講座 運勢 アラサー 貧困女子 恋愛 結婚 セカンド アラフォー 恋愛運 浮気事件簿
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。