知らないと恥をかく敬語の使い方|「〇〇はお休みをいただいております」は正しい?

知らないと恥をかく敬語の使い方|「〇〇はお休みをいただいております」は正しい?

堅実女子の皆さんは、日々オフィスやいろんな場所で敬語を使うことがありますよね。

意外と間違った使い方をしていたり……この表現は正しいと思いますか?

「きょう、佐藤はお休みをいただいております」

「お休みをいただいております」って、丁寧語なんじゃないの?

<こたえと解説>

「お休みをいただいております」は間違った敬語です。

すっかりメールやメッセージアプリでのやりとりが定着した今でも、取引先とのやりとりや、お客様からの問い合わせなど、まだまだ電話も活躍しています。

だれでも受けられる用件の場合もありますが、担当者を指名されることも多いでしょう。

「佐藤さんはいますか?」と聞かれて佐藤さんの席をみると……あれ?いない。

スケジュールを見ると、佐藤さんはお休みの日でした。

そんな時、つい口にしてしまいがちなのが「佐藤はお休みをいただいております」という表現。「いただく」と謙譲語を使っているので、「ていねいだな」と思いがちですが、実はこれは間違った表現なのです。

佐藤さんはだれからお休みをもらっているのでしょうか。佐藤さんは、おそらく(お休みは権利、という考え方はもちろん正しいのですが)雇用主である会社からお休みをもらっています。つまり、佐藤さんにお休みを与えているのは電話の向こうの顧客ではないのです。

「お休みをいただいております」という言い方では、相手がお休みをあげていることになってしまうのです。

それでは、佐藤さんがお休みの日に「佐藤さんはいますか?」と聞かれた場合、どう答えたらよいのでしょうか。

1 2
アラフォー 恋愛講座 その1 不倫 貧困女子 浮気事件簿 浮気 結婚 婚活 アプリ 恋愛運 キャリア セカンド 仕事運 美人探偵 占い 金運 恋愛 アラサー 運勢
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。