最高被害額はなんと1000万円!被害経験は5人に1人、意外と身近な詐欺トラブルの実態

最高被害額はなんと1000万円!被害経験は5人に1人、意外と身近な詐欺トラブルの実態

ただいま確定申告シーズンですが、この時期に気を付けなければいけないのは還付金の受け取りを装ってお金をだまし取る「還付金詐欺」。そのほかにも注意喚起をしても跡を絶たない「成りすまし詐欺」や「架空請求」など、悪質な詐欺被害が後を絶ちません。しかし堅実女子の皆さんはこんな話を耳にしても、「自分は騙されない」と思っていませんか?

簡単にお金が稼げそうな「副業・情報商材詐欺」に要注意!

今回ご紹介するのは株式会社GVが行なった、詐欺トラブルの被害経験についての調査結果です。こちらによると、これまで何らかの詐欺トラブルの被害にあった経験がある人は19.0%。およそ5人に1人が該当していることが分かります。さらに同調査によると、被害者の割合で多いのは20代から40代だそう。成りすまし詐欺などでは高齢者が被害にあうイメージが強いですが、詐欺全般だと堅実女子世代も他人事ではないのです。

では具体的に、どんな詐欺のトラブルに遭遇しているのでしょうか。詐欺の内容と、その被害額について調査した結果が以下となります。

100万単位の被害がここまで多いとは……。

詐欺トラブルでもっとも多かったのは、「副業・情報商材詐欺」(31件)。平均被害額は13万3,333円となっています。ほか注目したいのは、3番目に多い「名義貸し・契約詐欺」(21件)。こちらの被害平均額はなんと253万6667円と、かなり高額です。つまり詐欺の内容により、被害金額は大きく違うことが分かります。ちなみに詐欺トラブルの経験がある回答者190人のうち、最低被害額は「チケット売買詐欺」による3千円。そして最高被害額は「名義貸し詐欺」で、その額はなんと1,000万円だといいます。

1 2
結婚 金運 貧困女子 浮気事件簿 恋愛運 セカンド アラサー アプリ アラフォー 浮気 恋愛講座 占い 運勢 美人探偵 キャリア 恋愛 不倫 婚活 その1 仕事運
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。