最高被害額はなんと1000万円!被害経験は5人に1人、意外と身近な詐欺トラブルの実態

最高被害額はなんと1000万円!被害経験は5人に1人、意外と身近な詐欺トラブルの実態

警察への相談は110番の前に「#9110」へ

こういった詐欺被害に遭ってしまった時、誰に相談すればいいのでしょうか。警察?それとも行政?それとも弁護士?普通の人では、そのあたりの判断に迷ってしまうかもしれません。そこで同調査では詐欺トラブル経験者に、その後の対応について調査。結果は次の通りになりました。

高額な詐欺被害なのに、泣き寝入りとなってしまうケースは案外多いのでしょうか?

まず全体で「相談中(済)」「相談する予定」と回答した人の合計は56.3%。半数以上となってはいますが、「誰にも相談しない」と答えた人も43.7%。しかもその半分以上の57.8%が「泣き寝入りする」と回答しているのです。ちなみに被害に遭ったのに何のアクションも起こせなかった一番の理由は、「相手が特定できない」( 59.6%)。確かに相手が特定できなければ、警察に相談するのも躊躇してしまうかもしれません。

一方、相談した(する予定)の人を見ると、相談先としてもっとも多いのは「警察」(42.1%)。ちなみに警察には「警察相談ダイヤル」「#9110」という相談専門の窓口があり、110番するほどの緊急性はないけれど警察に相談したいときに有効です。ほか消費者庁が設置している「消費者ホットライン」(188)でも相談できます。こういった窓口であれば、たとえ相手が特定できなくても相談するだけで何か解決の糸口がつかめるかもしれません。

パスワードの使いまわしは絶対にやめましょう!

意外と身近な詐欺被害。まずは被害に遭わないようにするための知識と予防策について、つねに頭の中に入れておきたいものです。

 

【調査概要】
調査主体:株式会社GVト「まねーぶ」
調査方法:インターネット調査
調査期間:2020年2月25日~2020年3月2日
調査対象:(調査1)全国20代~60代男女1,000人
     (調査2以降)詐欺トラブル被害者190人
調査監修:法律事務所クロリス 代表弁護士 吉田 美希(東京弁護士会所属)

1 2
アプリ 浮気事件簿 婚活 マッチングアプリ アラフォー 美人探偵 不倫 恋愛運 金運 貧困女子 浮気 運勢 恋愛 アラサー キャリア 恋愛講座 結婚 占い その1 セカンド
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。