結婚しない人生|リモートワークでわかった、50代独身女子の幸福~その2~

結婚しない人生|リモートワークでわかった、50代独身女子の幸福~その2~

婚活関連のニュースがあふれていますが、生涯未婚率(50歳時未婚率)は上昇。国勢調査によると、50歳まで結婚したことがない人は、1990年には男性5.6%、女性4.3%だったのに、2015年の国勢調査では男性23.4%、女性の14.1%と、男女ともに約4倍のポイントに跳ね上がっています。

独身の経済観を示す「ソロエコノミ―」という言葉も登場。増え続けるシングルの背景を取材しました。

IT関連会社で働く田中沙織さん(仮名・50歳)は、今回の新型コロナウィルス感染にまつわる社会変革で「結婚しなくてよかった」と語ります。

その1はこちら

SNSの投稿内容を、エクセルで分析し属性を割り出す

結婚したり子供がいたりすると子育てや家族が優先になってしまい、「仕事と自分の人生」がシンクロしにくくなり、経済的な不安などを抱えるようになるのではないか、と沙織さんは続けます。

「私はFacebookを見るのが好きで、自分はほとんど投稿しないのに、1日3時間くらい人の投稿チェックしている“Facebook廃人”(笑)。あれって、仕事デキて、オシャレで、人脈がある人の“友達”の数が多ければ多いほど良しとされる、リア充のためのSNS。私の友達は700人くらいなのですが、中には元カレや片思いしていた男性もいます。彼らとは同窓会や新卒で勤務した大企業の同期会などで再会し、友達になり今もつながっています。そこでわかったのが、当時憧れていた人、元彼達の危機感をあおるような投稿」

まだ新型コロナウイルスがこれほど大きな騒ぎになっていなかったころ、「お湯を飲むと予防につながる」「トイレットペーパーがなくなる」などのデマが拡散されていたといいます。

「そういうデマを投稿していたのは、子供がいる母親が多かった。今は、男性が無意識的に『俺は利口だがオマエはバカだ』とマウントする投稿が多いですよね。例えば、スーパーの空っぽになった食品棚やトイレットペーパーの売り場、早朝にドラッグストアに並ぶ人……それにたいして上から目線のコメントを付けて投稿している。中には、かつて好きだった人もいて、この投稿をした直後に『俺っていいこと書いている』と悦に入る表情が見える。ゾッとするのは、そういう男達に妻と子供がいるということ」

4日ほど前、いつものようにFacebookを見ていると、沙織さんが信頼するある女性が「SNSであなたが“良かれ”と思った行動が、社会不安を増幅させるのです」というような投稿をしていたそう。その投稿に対して、“いいね”をした人、コメントした人を沙織さんはエクセルに記録し、属性を分析したとか。

「この投稿に対して、“いいね”を付けた人と『全く同感です』などとコメントしたのは、スーパーの空っぽの棚写真や、デマのような記事を投稿していた男達。彼らは40~50代で社会的地位もあり、顔も悪くないハイスペック男子なんですよ。一時期は、ドヤれるそういう男たちと結婚したいと思ったこともありましたが、50歳になってみると『あ~、こういう“生き物”と一緒に生活していなくてよかったな』と思います。まあこんな分析ができるのは、ITスキルが高く、リモートワークでヒマだからなんですけど」

将来の自分の姿を考えて、語学の勉強を始め、犬を飼うことを検討をする

1 2
結婚 恋愛運 婚活 アラサー マッチングアプリ 金運 恋愛 その1 キャリア 貧困女子 浮気事件簿 占い 美人探偵 恋愛講座 アラフォー 運勢 アプリ 不倫 浮気 セカンド
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。