堅実女子ニュース&まとめ 配達員からの感染が心配、自炊で十分、割高……飲食店のデリバリーを利用しない理由とは

新型コロナウイルスの感染防止のため、不急不要の外出を控える動きが広がっています。それにより大きな影響を受けるのが、外食産業。多くの飲食店ではテイクアウトやデリバリーに対応する動きが活発化していますが、実際デリバリーを利用する人はどのくらい増えているのでしょうか?

緊急事態宣言発令直後は、全体の8割以上がデリバリーサービスを利用せず

そこで今回ご紹介するのは、政府が一都六県に緊急事態宣言をした翌日の4月8日から10日にかけて実施した「新型コロナウイルス感染症による飲食店のデリバリー動向調査」。こちらによりますと、この時点で新型コロナウイルスの影響によるデリバリーを利用する回数が「増えた」と答えた人はわずか9.2%しかいませんでした。ほか「変わらない」が4.6%で、圧倒的に多いのは利用を「していない」(84.6%)となっています。

増えたと答えた人にデリバリーを利用する理由を伺ったところ、「スーパーに行く回数を減らすため」「外食の代わり」「作らなくていいし、家から出なくてもいい」といった意見がありました。しかしそれ以上に圧倒的多数をしめる「していない」と答えた人は、なぜ利用をしないのでしょうか?寄せられた意見をいくつかご紹介します。

 

・感染予防

・自炊するから。スーパーで買う方が安いから

・デリバリーよりは価格や手軽さでスーパーやコンビニの惣菜を購入することが多い

・スーパーやコンビニ、もしくは店内飲食で事足りるため

・デリバリーは割高なのであまり利用しません

・一定金額以上ではないとデリバリーしてくれないため

・デリバリーしてまで食べたいと思わないからです

デリバリーは配達の手数料があるので、ある程度割高になるのは仕方がないと思うのですが……。

1 2