堅実女子ニュース&まとめ 配達員からの感染が心配、自炊で十分、割高……飲食店のデリバリーを利用しない理由とは

寄せられた意見で目立つのは「スーパー」「コンビニ」のキーワードです。自炊が面倒くさいし外食ができない……そんな時の選択肢となるのは、デリバリーよりもこの2つ。確かに最近のスーパーやコンビニのお惣菜はクオリティーが高く、値段もリーズナブル。外食ができないときの代用としては、十分機能しているようです。

しかしそうなると、外食自粛要請の中で大きなダメージをうけている外食産業の売り上げはますます落ち込むばかり。ほかにもデリバリーは割高なイメージが強く、また配達の対象エリアかどうかの問題もあります。さらに調査時点では緊急事態宣言が出された直後で、まだ店内飲食しても大丈夫と考えている人もいました。

長い目で見たい、デリバリーサービスへの課題

ではどうしたら、飲食店のデリバリーサービスを利用してみたいと思うのでしょうか?同調査では現状の課題と「飲食店のデリバリーに求めることを」をアンケート。寄せられた自由回答をもとにテーマ別にご紹介します。

 

  • システムの問題

・アプリなどの登録が面倒で、あとあとメールや通知が鬱陶しい

・決済方法を、カードや電子マネーしてほしい

・時間通りに来ない、許容範囲を超えてるくらい冷めている

・受け渡しをスムーズにしてほしい

・注文サイトでの商品説明をわかりやすくしてほしい

 

  • 感染防止意識

・ドライバーの衛生管理(手を洗わないまま商品に触られると少し心配)

・配達員は常に清潔でかつ、ある程度の接客技術を身につけていて欲しい

・衛生面(お金はなるべくさわってほしくない。カード決済などが安心)スタッフのマスク、消毒など

 

  • 価格の問題

・価格帯がもう少し安ければな、と感じました

・1人分だと配達の最低額に達しない

・もっとお手軽価格に!!

とにかく、飲食店のデリバリーに対して不満や課題を感じている人が多いことはわかりました。とはいえ新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけに参入するケースも多く、やるほうも不慣れだったり、システムがうまく整っていないのはある程度仕方がないような気も。新型コロナウイルスとの闘いはおそらく長期戦です。私たちも目先のことだけで判断せず、ある程度システムが整うまで多めにみる気持ちも必要なのではないでしょうか?

 

【調査概要】
調査主体…株式会社メニューデザイン研究所
調査対象…会社員・会社役員・自営業・パート/アルバイト・専業主婦・無職 計65名
調査方法…WEBアンケート
実施期間…令和2年4月8日(水曜日)~10日(金曜日)3日間

1 2