堅実女子ニュース&まとめ 結婚しない人生|コスパの悪い男は結構!拝金主義女性がコロナ禍で気づいたこと~その1~

婚活関連のニュースがあふれていますが、生涯未婚率(50歳時未婚率)は上昇。国勢調査によると、50歳まで結婚したことがない人は、1990年には男性5.6%、女性4.3%だったのに、2015年の国勢調査では男性23.4%、女性の14.1%と、男女ともに約4倍のポイントに跳ね上がっています。

独身の経済観を示す「ソロエコノミ―」という言葉も登場。増え続けるシングルの背景を取材しました。

電気が止まることもある、シンママ家庭で育つ

今回お話を伺ったのは、派遣社員の目黒美咲さん(仮名・49歳)。ハイブランドのライダースジャケットを颯爽と着こなし、ところどころメッシュが入ったロングヘアを、無造作にアップにしているのに洗練されています。フランスの女優、ジェーン・バーキンのようなフェミニンなカッコよさがある女性です。

「このジャケットは、60万円で9年前に買いました。いいものは時間が経っても、着ていて気分がアガるし、褒められるから、コスパがいい」

派遣社員という肩書のイメージによる、不安定な雇用とか、貧困などというイメージは一切ありません。現在住んでいるのも、都心の高台にあるマンション。もちろん、持ち家です。

「今、子供の貧困が問題になっているでしょ?あれって、衣食住に困る“絶対的貧困”ではなく、食べるには困らないけれど、進学率などが下がる“相対的貧困”。私は2歳のときに両親が離婚し、シングルマザー家庭で育った。小学校低学年くらいまでは、電気も止まる日があったほどの絶対的貧困家庭だった。だって、冬は暖房代をケチるために、家でもコートを着ているんですよ。だから、とにかく貧乏な生活が怖かった。お金……というか“資産”を手にすることが人生の幸せだったので、がむしゃらに頑張って手に入れました」

それには、美咲さんの母の影響が大きいといいます。

「母はとても働き者で、化粧品のセールスをしながら私を育ててくれて、私が中学を卒業するあたりまでには、そこそこ豊かな生活ができるまでになっていた。このときに『仕事は絶対に裏切らない』って思ったんです。ただ、母はかなりのダメンズ好きで、私の父親もだらしないDV男だった。母は現在75歳ですが、自分で働いたお金で買った高級マンションで、イタリア人の年下の彼と同棲している。年金も資産もたっぷりある。今回のコロナで、イタリア語教師をしている彼も大変だとは思いますが、母の財力の下で、ぬくぬくと生活をしていますよ」

大学はコスパが悪い。一刻も早く社会に出たいと、高卒で働き始めた。

1 2