堅実女子ニュース&まとめ 「母の日」の本音が判明! お母さんが本当に欲しいものは花でも手紙でもなかった!?

2020年の「母の日」は5月10日。母の日のギフトというと、お花や食事、手紙などを思い浮かべますが、世のお母さんたちが“母の日に本当に欲しい”と思っているものは何なのでしょうか。パナソニック株式会社が全国の30代~50代のお母さん500名を対象に実施した、「母の日」に関するアンケート調査の結果をご紹介します。

今年の母の日、どうしますか?

今年の母の日、どうしますか?

母の日に本当に欲しいものは……

ずばり、「母の日に本当に欲しいもの」を質問したところ、最も多かったのは「睡眠・マッサージなどのひとりの時間」(53.6%)となりました。次いで、「何もしない・ゆっくりするひとりの時間」(37.0%)、「感謝・ねぎらいの言葉」(30.4%)という結果に。

「ひとりの時間」が半数以上!

「ひとりの時間」が半数以上!

母の日ギフトの定番ともいえる「花」(14.6%)や「お菓子」(20.4%)の回答もありますが、上位とは大きく差がつきました。同じ「時間」でも『家族で過ごす時間』も15%の回答がありますが、『ひとりの時間』が圧倒的です。

お母さんの『ひとりの時間』は少ない!?

続いて、「平日・休日問わず、1日のうちで、自分のためだけに使える自由な時間はどの程度ありますか?」の質問では、平均時間は「2.79時間」となりました。お母さんは1日のうち、3時間も自分の時間がないようです。
年代別では、30代は「1.71時間」と非常に短く、50代の「4.33時間」の半分以下と回答しています。

さらに、「自分の自由時間の長さは足りないか?」という質問では、『そう思う・全く自由時間がない』と回答した方は合計67.4%で、約7割が自由な時間の不足を感じています。

お母さんが「ひとりの時間」を求める背景には、そもそも「ひとりの時間」が『満足に取れていない』『足りていない』と感じていることが要因のようです。

お母さんが「ひとりの時間」を求める背景には、そもそも「ひとりの時間」が『満足に取れていない』『足りていない』と感じていることが要因のようです。

疲れを解消したいけど時間がない!

多くのお母さんが欲している「ひとりの時間」の中でも「睡眠、マッサージ」を求める人が多い背景には、「疲れを解消するための余裕もない」「疲れを解消するため対策ができていない」と感じているからではないでしょうか。

「疲れを解消するための時間の余裕があるか?」という質問では、「余裕がない」が66%となりました。日々の忙しさから疲れている上に、それを解消する余裕すらないと感じているようです。さらに「疲れを解消するための対策を何か取り入れたいと思いますか?」という質問では、「対策したい」という人が8割で、疲れの解消には積極的です。でも時間がない……このループになってしまうのですね。

疲れ解消のための対策をしたいお母さんは7割

疲れ解消のための対策をしたいお母さんは7割。

1 2