堅実女子ニュース&まとめ 窓を開けるのは1時間に何分くらい?エアコンは換気に効果ある?今こそ知りたい、正しい換気の基礎知識

効果的な部屋の換気は、1時間に5~10分を目安に

これからの季節は気温も高くなり、エアコンを稼働させることも増えてきます。エアコンから排出される冷たい風にあたると、なんとなく部屋の空気が換気されているような気がする人も多いのではないでしょうか?

しかしダイキン工業によると、エアコンで室温が下がるのは部屋の空気を吸い込んで冷やし、また部屋に戻す仕組みのため。つまり部屋の空気が循環しているだけなので、換気にはなっていないのです。ちなみに同調査によると「ほとんどのエアコンは換気ができない」ということを知らなかった人は54.4%。半数以上が誤解をしていることが分かりました。

とはいえ気温が高い日に長時間窓を開けていると室温が高くなり、熱中症のリスクも無視できません。一体どのくらい換気すればいいのか悩んでしまいそうですが、ダイキン工業によると窓を開けて換気するときの時間と回数の目安は、1時間に5~10分程度と言われているそうです。もちろん窓や部屋の大きさや、室内に浮遊している汚染物質の種類によって換気のスピードも異なるので、これはあくまでも目安。ちなみに2時間で1回10分の換気をするよりも、1時間に5分の換気を2回する方が換気の効果は高くなるといいます。

エアコンつけても換気は必須!

ほかにも住んでいる家やマンションが2003年7月より後の建物であれば、家の中には24時間換気システムが搭載されているそう。こちらを有効活用することも忘れずに行なってください。

 

【調査概要】
調査主体:ダイキン工業株式会社
調査方法:スマートフォンリサーチ
調査期間:2020年4月24日(金)~4月26日(日)
調査対象:全国の男女500名
備考:結果の構成比は四捨五入しているため、構成比の和が100%にならない場合がある。

1 2