堅実女子ニュース&まとめ ちょっとの工夫でテレワークが快適に!みんなが抱える在宅勤務の悩みと解決法とは?

緊急事態宣言により、通勤を辞め、テレワークを始めたという人が増えていますが、実際にテレワークはうまくいっているのでしょうか?特に家族がいると、家事や育児との両立が難しいという意見も多いよう。そこで今回はテレワーク経験者に行なった調査を元に、みんなの悩みと解決法をまとめてみました。

在宅ワークの問題点1位は「家族の声と生活音」

リノベる株式会社がテレワーク経験者で家族や同居人がいる20~59歳の働く男女112名に行なったアンケートによると、「在宅ワークで困ったこと」で最も多かったのは、「家族の声や生活音などの音が気になる」で43.8%。いつも支えになる家族や同居人も、テレワークには障害になってしまうことがわかりました。またテーブルや椅子など、仕事環境が適していないと感じている人もかなり多くいることがわかったのです。

■仕事をするときに困ったこと、また実際にやってみて困ったことは何ですか?

1位 家族の声や生活音などの音が気になる  43.8%
2位 テーブルや椅子のサイズが作業に適していない  42.9%
3位 シゴト以外のことが目に入り気になる  38.4%
4位 コンセントや配線の確保が困難  23.2%
5位 テーブルや椅子がない  19.6%
6位 部屋や手元が暗い  12.5%
7位 特にない  7.1%
その他  1.8%
※出典「リノベる調べ」

ちなみにテレビ会議や電話会議に限定して困ったことを尋ねたところ、4人に1人が「家の中を見られるのが気になる」と回答。「家族の声や生活音が筒抜けになる」と感じている人も2割程度いました。

リビングワークが多く、個室のワークスペースがある人は3割弱

では、みなさんどこでテレワークを行なっているのでしょう。最も多かったのは「ローテーブル」で36.6%。次いで「ダイニングテーブル」「ソファ」と続き、いずれも場所が「リビング・ダイニング」であることが判明。「個室のワークスペース」があると答えた人は3割弱という結果になりました。

■テレワークをしている場所をお答えください。

1位 ローテーブル(リビング・ダイニング) 36.6%
2位 ダイニングテーブル  35.7%
3位 ソファ  30.4%
4位 個室のワークスペース  27.7%
4位 個室 27.7%
6位 床の上  26.8%
7位 リビングにあるワークスペース  23.2%
8位 ベッドの上  18.8%
9位 ベランダ  8.9%
その他  1.8%
※出典「リノベる調べ」

ちなみに「個室のワークスペース」を今後用意したいと考えている人は、46.4%いることが判明。中には、屋根裏部屋を利用するなどして個室を確保している人もいるようです。

では実際、これらの悩みに対してどんな工夫をしているのでしょう。

通勤時間がなくなり、家族との時間が増えたメリットもあるが、公私のメリハリがつきにくく仕事がはかどらないという声も。

1 2