堅実女子ニュース&まとめ 外出自粛で母親に会うことを控える人は約6割に……2020年、母の日の過ごし方とは?

今年は約6割の人が直接会うのを自粛していますが、それでも「いつもはプレゼントをしていないが、今年はする予定」を含む半数以上の人がプレゼントをあげると答えています。ちなみに「今年はする予定」と答えた人はその理由として「今年はコロナで寂しがっているので、なにか元気づけてあげられたらと思う」(30代・女性)、「今年は外出自粛で日々窮屈な思いをしているので、少しでも気晴らしになるように、何か素敵なことができればと思っています」(30代・女性)といった回答がありました。

新型コロナウイルスの鬱々とした気持ちを、お花やおいしい食べ物で癒してほしい

さらに同調査では、母の日に送るプレゼントとして具体的にどんなものを贈るのかを調べています。その結果は次の通りです。

不要不急の外出自粛が求められていますが、「旅行」と答えた人は4.8%に。自粛後の旅行券ならアリですが……。

もっとも多かったのは「お花」(50.7%)で、それに続くのは「食べ物(購入)」(38.6%)、「服」(12.6%)となっています。同調査によると「お花」を選んだ人の多くが、「花で明るい気持ちを持ってほしい」と回答しており、「食べ物(購入)」に関しても「自粛疲れの中の楽しみになれば」という理由が多数見られたそうです。やはり今年は、プレゼントの内容にも新型コロナウイルスによる影響が強く表れているといえます。

お花やおいしい食べ物は、確かに人を豊かな気持ちにさせるものです。

まだまだ自粛が必要な時期ですが、ちょっとした贈りものでお母さんを元気づけたい。そんな人たちがとても多い結果に、ちょっとほっこりします。

 

【調査概要】
調査主体 :株式会社エアトリ
調査対象 :20代以上の男女969名
調査期間 :2020年4月19日~4月21日
調査方法 :インターネット調査

1 2