堅実女子ニュース&まとめ 30代女性の8割が外出自粛で体重が増えた!?「コロナ太り」「コロナ痩せ」の実態~その1~

新型コロナウイルス感染拡大防止のために、リモートワークになったり外出自粛になったりして、体重が増えることを「コロナ太り」という。企業向け健康支援アプリ『カラダかわるNavi』が4月9日に発表した調査分析結果によると、外出自粛やテレワークの導入で運動量が全体的に減っていることからもわかるように、「コロナ太り」の原因は運動不足だ。

ではその実態はどうなのか。Suits WOMANでは自粛にまつわる体型変化について、首都圏在住の30代の女性30人にリサーチ。8割の人がコロナ禍以前よりも体重が増えていると答えた。

そのうちにこの1か月で体重が5キロ以上増えた人2名と、その一方で3キロ以上痩せた人2名にインタビューした。まずは「コロナ太り」した女性たちのケースをご紹介しよう。

「通勤」がなくなり、家から出ず10キロ太った

「コロナ太り」は、通勤がなくなったことが原因だと考えている人は多い。

埼玉県浦和市の実家に住み、コロナ以前は丸の内のオフィスまで60分以上かけて通勤していた持田真美子さん(仮名・38歳・身長160㎝)の体重は、3月末は55キロだったが、5月1日に65キロを超えた。

「通勤と外回りで一日1万5000歩は歩いていたのに、今は家から出ないから40歩程度かもしれません。思えば通勤はハードなエクササイズだった。ノートパソコンを入れた7キロはあるトートバッグと3キロはあるサンプルが入ったビニール袋を持って、駅の階段を毎日のように登っていたんですから。今は明らかに筋力も落ちています」

真美子さんの仕事は、商品のプロモーションだ。

「一応、リモート会議はしているのですが、『どうせがんばっても自粛でしょ?』『イベントはしばらくできないでしょ』という停滞した空気になっている。コロナは天災だから抗えない。天災が相手だから、いくらでも言い訳を重ねられる。それに今、仕事を頑張っても、緊急事態宣言が延長になると全部中止になる。そう思うと、何をする気にもならないです」

会社は事実上開店休業状態だが、大手に類するので給料は全額支払われており、会社からは「状況を見て、各々が判断するように」というメッセージが来ている。

「それって、意味ないメッセージ。会社の看板背負っているのに、個々で判断できるわけがない。それに、動くと叩かれる。家でゴロゴロしているしかないです」

10キロ太った原因は、母親の作る1日3回の食事をきっちり食べて、不安になったり寂しくなったりすると間食しているからだという。日々の買い物や食材の買い出しも、両親頼み。ほとんどの家事を両親が行なっている。

「父が商社勤務で、専業主婦にならざるを得なかった母は、私がキャリアアップするのが生きがいで、一切の家事をさせなかった。だから私は家事ができないし、する気もありません」

トドのような体型になった娘を、60代後半の両親が何も言わず世話をしているという。

コロナウイルスに感染したら、高血圧と肥満でハイリスクになるかもしれない

1 2