運動不足や精神的ストレス……外出自粛生活で増加する睡眠問題を解決するためには?

運動不足や精神的ストレス……外出自粛生活で増加する睡眠問題を解決するためには?

「運動量が減って身体が疲れているから、なかなか寝つけない」
「テレワークで生活リズムが乱れてしまっている」

新型コロナウイルス感染対策としての外出自粛生活が続く中、睡眠に不安を抱いている堅実女子も少なくないのでは?

今回は、ZINUS(ジヌス)が発表した内容を紹介しながら、外出自粛中の睡眠問題について考えます。睡眠の専門家によるノウハウも紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

睡眠の質の低下を訴える人が増加中?

テレワークや休校措置など、大人から子供まで、多くの人が外出自粛生活を送っている今。程度の差こそあれ、この生活はしばらく続くと考えられます。

通勤や通学がなくなると運動量が減ることから、夜ぐっすりと眠れない人も少なくないでしょう。また、先がなかなか見えない新型コロナウイルス感染への不安から、精神的ストレスを抱えている人もいるはず。海外を見ても、「#cantsleep(眠れない)」ハッシュタグがトレンド入りするなど、睡眠に対して悩みを持っている人は少なくないようです。

外出自粛生活が及ぼす睡眠への影響は、運動量の減少やストレスの他にもあるといいます。医師で睡眠に関する情報を多くのメディアで発信している、坪田聡先生のコメントは次の通り。

「明るい時間帯に十分な光を浴びると、脳の中でセロトニンがたくさん作られます。セロトニンは夜になると、睡眠ホルモン と呼ばれるメラトニンに変わります。日中に暗いところで過ごしていると、セロトニンやメラトニンが不足するので、ぐっすり眠 れません。体を動かして疲れると、疲労を回復するために深い睡眠が多くなります。体をあまり動かさないと、体が疲れな いため熟睡しにくくなります。夜にはメラトニンが増えますが、明るい光や青い光(ブルーライト)を浴びると、メラトニンが 少なくなって眠気も減ってしまいます。テレビやパソコン、ゲーム機、スマートフォンなどの電子メディアの画面からは、ブルー ライトがたくさん出ています。夜遅くまで電子メディアを見ていると、寝つきが悪くなったり睡眠の質が悪くなったりします」(ZINUS発表より引用)

外に出られず、することがなくなると、ついつい用もないのにスマホをチェックしてしまう堅実女子もいるのでは?意識して「見ない」ようにすることも必要です。

続いては、睡眠ノウハウをご紹介します。

1 2
結婚 浮気事件簿 マッチングアプリ 占い 不倫 浮気 貧困女子 アプリ 恋愛運 恋愛講座 アラフォー 美人探偵 運勢 セカンド 婚活 キャリア 恋愛 アラサー その1 金運
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。