堅実女子ニュース&まとめ 「炊き込みご飯」と「焼きそば」が人気急上昇!コロナ禍のおうちメニュー、みんなどうしている?

コロナ禍の悩みのひとつである食事。外食はできないし、頻繁に買い出しも行けないし、家族はずっと家にいるし……と、ステイホーム期間の料理に頭を抱えている人も多いのでは?そこで今回はみんなが自宅で何を作って食べているのか、株式会社リンクアンドコミュニケーションが行ったアンケートを元に、おうちメニューについて調査してみました。

主食メニューは「炊き込みご飯」と「焼きそば」が人気

主食の16メニュー(白米、おにぎり、お寿司、カレーライス、炊き込みごはん、チャーハン、食パン、菓子パン、惣菜パン、シリアル、そば・うどん、ラーメン、スパゲティ、焼きそば、お好み焼き・たこ焼き、ピザ)のうち、1月を基準に家庭で登場するメニューの増減を調査したところ、4月の時点で登場回数が10%以上増加したメニューは「炊き込みご飯」「焼きそば」「ピザ」など5メニュー。一度でたくさん作れるもの、短時間で作れるもの、子どもが好きなもの、大勢でワイワイ取り分けながら食べられるものが多いことがわかりました。

●家庭の主食、登場回数増加メニューランキング●
1位 炊き込みご飯(39%増)
2位 焼きそば(36%増)
3位 ピザ(25%増)
4位 チャーハン(18%増)
5位 お好み焼き・たこ焼き(17%増)

パスタやそば・うどん類は店頭で手に入りにくい場所が多いせいか、登場回数は増えていない。

※AI健康アプリ「カロリーママ」「カラダかわるNavi」「カラダかわるNavi for スポーツクラブ」のユーザー15,232人を対象に行った調査より

ちなみに10%以上減少したメニューは、おにぎり(20%減)、お寿司(28%減)の2メニュー。今まで個食で食べられていたメニューが減少する傾向にあることがわかりました。

主食で増減したメニューを、朝食、昼食、夕食に分けて比較してみると…

朝食からお好み焼きや焼きそば、炊き込みご飯などを食べる人が増えたのは、前日の残り物を食べている人が多いからかもしれませんね。

朝食の「お好み焼き・たこ焼き」が4.7倍に増えていることが判明。昼食は「ピザ」「焼きそば」「チャーハン」が増え、夕食は「炊き込みご飯」が増えていることがわかりました。

炊飯器にいろんな具材を入れるだけで栄養バランスがいい主食になる炊き込みご飯は夕食の人気メニューに。

ではおうち時間が増えたことで、みんなの飲むお酒の量やお菓子を食べる機会は増えたのでしょうか?

1 2