【沼にはまる女たち】新型コロナウイルス騒動で加速! 現金払いはしない、キャッシュレス決済沼~その1~

【沼にはまる女たち】新型コロナウイルス騒動で加速! 現金払いはしない、キャッシュレス決済沼~その1~

どこにでもいる女性でも気が付くと、その世界の『沼』にはまってしまうケースを紹介する同シリーズ。今回の沼は、お財布の中で小銭がジャラジャラするのが嫌で始めた「キャッシュレス決済」に、はまってしまった女性を紹介します。

合理的な性格にぴったりだったキャッシュレス決済

「最初は、友達と東京ドームにコンサートを見に行ったんです。その時、周りのコンビニはどこも混んでいて、レジもすごく大変な状況。ペットボトル1本買いたかったのですが、そんな中、1万円札しかなくて、おつりがジャラジャラってなるし、崩すのも嫌だったんです。その時、交通系カードでの支払いをしてみたら、スムーズにレジも終わるし便利だなって思ったのがきっかけですね」

そう語るのは、キャッシュレス決済には目がないという桐山あかねさん(仮名・33歳)。現在は、生命保険を扱う企業に契約社員として勤めています。黒髪を後ろに一つに束ね、シフォン素材のワンピースの上からはパーカを羽織ったカジュアルなファッション。サバサバとした話し方で、仕事もてきぱきとこなしそうな雰囲気です。

あかねさんがキャッシュレスにこだわるのには、「面倒なことが嫌い」という性格が関係しているかもといいます。

「まず、レジなどでお釣りを渡されて、確認する手間が面倒って思うんです。特に、最近は人手不足なのか、目の前でお札を数えないで手渡すケースも。お釣り間違いなどは、あまりないと思いますが、レジでいちいち『お釣りの確認をさせてください』と言って、列を止めるわけにはいかないので、キャッシュレス決済って合理的なんですよね。キャッシュレス決済にはクレジットカードを使ったオートチャージと、ATMやレジから現金で入金する方法があるんです。オートチャージのほうが便利なのですが、常に5~6種類のキャッシュレス決済を利用しているので、残額が少なくなるたびにオートチャージされてしまうと、それだけで現金がなくなってしまってピンチに……。そのため、面倒なのですが入金だけ現金で行なっています」

確かに、コンビニなどの混雑している列では、キャッシュレス決済を利用すると現金で支払うよりもスムーズで、利便性に慣れてしまうと現金より扱いやすいといえます。

「仕事も契約社員のため、給与が上がる見通しが立たないんです。でも、日常生活の中での細かな節約は苦手……。去年から、オリンピックでのインバウンド客を見越して、キャッシュレス決済の導入が進んだんです。そのためキャッシュレス決済は、ポイント還元率が高かったり、キャッシュバッグなどのキャンペーンが盛んでした。だから、どれも試してみましたね」

小銭ジャラジャラは嫌なのに……キャッシュレス決済のカードを複数持ち

1 2
アプリ 貧困女子 恋愛 運勢 浮気 占い 浮気事件簿 キャリア アラフォー セカンド マッチングアプリ その1 恋愛講座 恋愛運 美人探偵 婚活 金運 不倫 結婚 アラサー
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。