堅実女子ニュース&まとめ 弁護士が語る「コロナ離婚の実態」妻はスパッと別れたがり、夫は修復希望のケースが多発!?

2020年3月下旬から、新型コロナウイルス感染拡大予防のために外出自粛が叫ばれ、多くの企業がリモートワークを導入。家族が一つの家で1日を過ごすストレスは大きく、4月上旬には、「コロナ離婚」という言葉がメディアをにぎわせています。

それから1か月。5月11日には、東京都の感染者数が9日連続で100人下回るという報道がされ、外出自粛ムードも穏やかになってきたのではと感じる人も多いのでは?

そんな中、離婚に悩む多くの人が相談に来ている『銀座さいとう法律事務所』の齋藤健博弁護士に、コロナ禍中の離婚について伺いました。

ほとんど、妻側が希望する「コロナ離婚」

――「コロナ離婚」という単語が独り歩きしているようにも感じますが、実際に考えている方は多いのでしょうか。

齋藤健博弁護士(以下・斎藤):「コロナ離婚」とは、コロナをきっかけにして離婚を現実的に考えるようになったこと、と定義しましょう。この観点から言うと、コロナ離婚は増えています。コロナ以前は日常生活が続いており、「受け入れがたいけれど、仕方がない」とあきらめて夫婦として過ごせていました。

しかし、非常事態になり、四六時中顔を突き合わせていると、「相手の受け入れがたい部分」が顕在化。我慢が臨界点を突破し、その結果として、離婚を選ぶ人が増えているのです。

――今、外出自粛ムードも一時期ほどではなくなり、離婚の相談件数が増えていると伺いました。実際に相談される方は、相手のどういうところを「受け入れがたい」と思っているのでしょうか。妻側からの意見、夫側からの意見、それぞれ教えてください。

齋藤:コロナ禍以前からの離婚事由としてあげられていたのは、性格の不一致、浮気、DV、モラハラ、一方的な家事負担、収入減、酒やギャンブルやスマホゲームの依存症などです。それでも妻は「子供がいるから」「一人では生活できないから」と踏ん切りをつけられずにいた。しかし、コロナ禍があり「こんな夫と我慢して生活するなら、身軽になって新しい人生を歩みたい」と考えるようになっている人が多いと感じています。

夫から妻に対する離婚相談は、ほぼゼロに等しいのも特徴です。夫側からの相談で多いのは、妻から離婚を切り出されて、どうすればいいかわからないというものです。夫婦関係の修復方法や、復縁について相談される方が増えています。

――妻側はスパッと離婚したがり、夫側は修復したいと願う……コロナ離婚の場合、その原因はどこにあると思われますか‽

齋藤:妻側の家事や育児の負担の大きさが、不満となって蓄積していることが考えられます。例えば、共働き夫婦が同時期にリモートワークになった場合、子供の世話、家族の食事の用意、掃除、洗濯など負担が増大します。それに対して、夫がほぼ役立たず状態である場合は、コロナ離婚のリスクが高くなってしまいます。

平時なら、妻が不満を抱えても、食事や旅行などの息抜きができ、実家に子供を預け、夫婦の時間を持つなどもできました。しかし、コロナでそういうことができなくなった。その結果として、ドラスティックに離婚を選ぶ傾向が強まっているのです。

コロナ離婚しやすい夫婦の特徴とは……

1 2