【私の場合】仕事がなくなるのが怖い…自称”天才”編集者にツブされた、アラサー女子の夢と希望~その1~

【私の場合】仕事がなくなるのが怖い…自称”天才”編集者にツブされた、アラサー女子の夢と希望~その1~

ハリウッドで表面化したセクハラ問題をきっかけに、SNSなどで性暴力被害者に連帯する「#metoo」運動が拡大。それでも次々と報道されるセクハラ問題。最近、有名出版社の“天才”編集者が、ライターの女性にしつこく性交渉を迫っただけでなく、原稿料も支払わなかったという卑劣な事件が明るみに出ました。

業界人から受けた「タダ働き」の受難

お話を伺った東田明日香さん(32歳・仮名・無職)も、「私も同じような経験をしました」と言います。明日香さんは2年前まで、出版業界でフリーランスのライターとして働いていました。

「私が組んでいたのも、自分のことを“天才”と自称する30代後半の男性編集者です。多くのヒット企画を担当しており、『この人の言うことを聞いていれば、私の未来は開けるかもしれない』と頑張りました。その結果、1年近くタダ働きをさせられただけでなく、男女関係も許容してしまい、全てを支配されてしまったのです」

明日香さんはその時の経験が大きな原因となり、じんましんなど不調に悩まされ仕事を辞めています。現在は都内の実家で病気療養中です。

「幼いころから本が大好きでした。表現に関わる仕事がしたくて、30社以上の出版社を受けたのですが全滅。大手飲料メーカーに就職しつつ、広報やマスコミ関係の様々なセミナーに通いました。24歳のときに“ライター”という職業を知り、これが私の天職だと思い、勉強をすることにしたのです」

明日香さんは「28歳で会社を辞めて、ライターになる」を目標にしていました。そのために様々なセミナーや講座に通い、その投資額は100万円以上だとのこと。

「ライターを養成するセミナーみたいなものは各所で行なわれており、土日は勉強していました。大手出版社の編集者、現場の第一線で働いているライターさん、コラムニストの方が、企画のイロハ、文章術や取材術だけでなく、生き方まで教えてくれるんです。当時の私にとっては、夢のような時間でした」

登壇しているのは、男性講師が圧倒的多数だったそう。明日香さんはそこで「実践的内容を学んだ」と語ります。

「課題として、企画を出したり、あるテーマについて文章を書いたり……それが実際に講師の先生の仕事として、一流の雑誌やWebサイトに採用されたこともありました。今、思えばあれは受講者にタダ働きをさせていたということですよね。そういうことのひとつひとつが悔しいです」

オンラインサロンは、“タダ働き”の温床なのか?

1 2
恋愛 運勢 恋愛講座 不倫 美人探偵 マッチングアプリ 浮気事件簿 アプリ 占い アラサー 婚活 恋愛運 金運 アラフォー その1 浮気 キャリア 貧困女子 セカンド 結婚
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。