堅実女子ニュース&まとめ 【セカンド女子】私の彼が登場人物に!?不倫の事実をブログで晒し続けた女に制裁を~その2~

彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちに迫る今企画。そのセカンド体質の原因を探ります。~その1〜はコチラ

今回お話を伺ったのは、渡辺里穂さん(仮名・38歳)。ナチュラルメイクで、丸い目や丸顔が印象的で年齢よりも若く見える、かわいらしい女性です。出身は兵庫県で、両親と5歳下に妹のいる4人家族。2社目に入った出版社のグループ会社で憧れの男性ができるも、アプローチはせずに密かに見ているだけ。里穂さん自身の恋愛よりも、社内で行なわれる不倫に釘付けだったとか。

「不倫カップルの女性のほうが匿名でブログをしていて、それを仲の良かった女性が見つけてきたんです。ブログには女性側から見た不倫関係が赤裸々に語られていて、しかも書き方が上手なので引き込まれるような文章で。まったく私たちには関係ない他人の恋愛なのに、近くで起こっていることのリアルさも合わさって、毎日そのブログをチェックするようになりました」

そのブログには恋愛だけではなく、その他の人間関係についても書かれていて、おそらく里穂さんの憧れの男性だろうという人物も登場していました。

「仕事帰りにどこで待ち合わせて何をした、帰り際に、会えない週末に何を思っていたのかなどの記載もあって、知り合いが見たら危ない内容ばかりでした。でも有名なブログのサイトではなかったから、バレないと思っていたんでしょうね。

彼女は私の4歳上だったので、私の憧れの男性とは2つ違い。前から仲が良かったようで、きっとこれ彼のことだなって人も登場していました。私は彼のことが好きだから、わかったのかもしれませんが。2人は友人関係のようで、飲みに行ったこともあっさり数行で書かれているだけだったので、そこにもやもやすることはありませんでした。だって彼女には不倫関係の他に、学生時代からずっと付き合っている男性も存在していたから」

そしてブログは3か月ほどで修羅場のようなシーンがあり、2つの恋愛が同時に終了していた、とのこと。それをきっかけにブログに目を通すことは少なくなっていったそう。

「不倫相手の奥さんにバレて、さらには浮気をしていたことが彼氏にもバレて、彼女は独りぼっちになっていました。まぁ自業自得ですよね。私は同情というよりも、大作を読み終わったような妙な達成感がありました。その後もブログはちょこちょこチェックしていたんですが、彼女の更新頻度も減っていき、いつしか私もまったくチェックしないようになっていったんです」

彼が彼女のブログに再登場。第三者として静観できなかった里穂さんは……

1 2