堅実女子ニュース&まとめ 学校再開の不安はコロナだけじゃなかった……小1母の約半分は登校のときに「学校または途中まで付き添う」と回答!

また子どもが「緊急事態宣言中でも学校へのルートを完璧に覚えた」と回答した親は全体の33.5%。一番多いのは「だいたい覚えた」(36.5%)でしたが、「あまり覚えていない」「まったく覚えていない」と回答した人も合計で6.6%いました。

新型コロナだけではなく、交通事故や誘拐のリスク対策も必要

さらに同調査では6月から学校が再開する小学1年生のママ・パパを対象に「学校が再開されることで、おもに子どもの登下校中において、どのようなことに不安を覚えますか?」と質問。その結果は次の通りとなりました。

「不安は感じていない」と答えた人はわずかに10.1%。ほとんどの人が何かしら不安なのです。

一番多かったのはやはり「新型コロナウイルスによる感染」(62.8%)。しかしそれに迫る勢いで「自動車(自転車)との事故」が57.1%、さらに「知らない人に声をかけられる・誘拐」も41.4%いました。

小学生になっていきなり1人で登校するのは、やはり不安です。

昨年の5月に大津市の交差点でクルマ同士がぶつかり、巻き添えで散歩中の保育園児2人が死亡、園児と保育士計14人が重軽傷を負った事故がありました。交通事故で恐ろしいのは子どもが巻き沿いになることはもちろん、運転する人は自分が加害者になるリスクもあることです。今は学校再開によるリスクとして新型コロナウイルスばかりが取りざたされていますが、交通事故のリスクも忘れてはいけません。親や学校はその点も対策をする必要があると考えたほうがいいでしょう。

 

【調査概要】
調査主体:三井ダイレクト損害保険株式会社
調査期間:2020年5月23日~5月25日
調査対象:下記都市部の30~49歳の小学1年生の子どもがいる男女
     (北海道、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、大阪府、京都府、兵庫県)
     ※複数の子どもがいる場合、小学1年生の子どもを想定し回答
調査方法:インターネット調査
回答数 :543人

1 2