堅実女子ニュース&まとめ ユニクロが8年ぶりに原宿に帰ってきた!リアルとバーチャルを融合した最新型店舗の魅力は?

新しくなった原宿駅の目の前にオープンする複合施設「WITH HARAJUKU」の1階と地下1階に「ユニクロ 原宿店」がオープン。LifeWearを体現する店舗で、リアルとバーチャルを融合させた原宿という場所にぴったりの最新型の店舗です。

2020年6月5日オープンのユニクロ 原宿店。

原宿らしい情報発信基地として

原宿エリアで8年ぶりにオープンしたユニクロ 原宿店。原宿は、ユニクロにとって初めて都市型店舗を出店した地であり、ユニクロブランドを確立するきっかけとなった特別な場所です。デジタルを活用したサービスとともに、原宿という街との親和性が高いファッションや文化を体験できる店舗になっています。

1階のエントランスを入るとすぐ、3メートルの巨大なビリー・アイリッシュ像が目に飛び込んできます。現代アートの巨匠である村上隆さんが製作したもので、村上さんによるコレクション「ビリー・アイリッシュ×村上隆」の販売を記念し、7月31日までの期間限定で展示されています。このフロアは、「UT POP OUT」と名付けられ、原宿店ならではの売り場で、さまざまなアーティストやブランドとコラボした魅力的なTシャツが販売されます。クリエイティブディレクターYOONによる東京発ブランド「AMBUSH」とコラボしたミニーマウスのバッグやUTとしては初めてとなる豆皿やノートなどの雑貨も原宿店先行販売商品として登場しています。ハローキティとアートディレクターの吉田ユニとのコラボコレクション「ハローキティTマーケット BY 吉田ユニ」のほか、キース・へリングとのコラボなど、UTグッズの充実にワクワクしてしまいます。

3メートルのビリー・アイリッシュ像が印象的な1階「UT POP OUT」。

今までにないコレクションにワクワクしながら、センターの階段を降りると、またまたUTの世界が広がっています。地下1階は、UTコレクションのスタイリングをよりわかりやすく展示したお買い物エリアになっていました。

オリジナルTシャツやトートバッグの作成ができる!

世界でひとつのTシャツやトートバッグが作れるUTme!。

Tシャツやトートバッグを自分なりにカスタマイズできる「UTme!」のコーナーもあります。原宿店限定の「ヒグマドーナッツ(HIGUMA doughnuts)」や「THINK OF THINGS」、「資生堂 ビューティースクエア」などから選んでプリントもできますし、スマホやタブレットの画像や絵から、世界で一つだけのオリジナルを手に入れられます。アーティストのコラボUTも魅力的ですが、世界で一つだけというのも魅力的です。このサービスでは、子供が描いた絵をプリントするのも人気のようです。

1 2