堅実女子ニュース&まとめ 枕カバーを洗う頻度は週1では足りない!?夏に知りたい、正しいカビと湿気対策

沖縄などをのぞき全国的な梅雨入りはまだですが、そろそろ湿気が気になる季節になってきました。湿度と気温が上がると、発生するのはカビ!新型コロナウイルスも心配ですが、カビ菌もなかなか手ごわいです。

お風呂のカビ掃除は週1程度が妥当、ただし……

リンナイ株式会社が行なった「カビに関する意識調査」によりますと、「カビに悩まされている」と回答した人は全体の77.5%。中でも1年の中で最も悩まされるのは「夏(梅雨)」で、69.6%が該当しています。

そしてカビに悩むのは、具体的にどんな場所でしょうか?同調査による調査結果は、次の通りとなりました。

  • カビが気になる場所

浴室内……84.4%

エアコン……42.6%

窓の周辺……36.8%

キッチン……23.7%

洗面所……22.5%

トイレ……17.8%

クローゼット・押し入れ……13.9%

部屋の壁……10.6%

冷蔵庫……10.3%

靴箱……8.9%

マットレス・座布団などの寝具……8.0%

重い家具の裏……6.8%

圧倒的に多かったのは「浴室内」(84.4%)。浴室内といえば湿気があって暖かく、さらにはカビが落ちにくいゴムパッキンや目地もある場所です。まさにカビが好む環境が整っているイメージがありますが、実際にカビも生えるので気になっている人が多いようです。

そんな浴室のカビ掃除は、どのくらいの頻度で行なわれているのでしょうか?同調査による結果は次の通りとなります。

お風呂掃除とカビ掃除は似て非なるもの。カビ掃除は45.4%の人が専用のカビ取り剤を使っているそうです。

一番多いのは「週に1回」(19.7%)で、僅差で続くのは「月に1回」(18.1%)でした。週1と月1では大きな違いですが、実際どちらが適切なのでしょうか?

同調査ではカビ専門家の矢口貴志先生に意見を伺っていますが、先生の見解によると「週1回程度のカビ掃除が妥当だと思いますが、浴室の掃除回数を一概に推奨することはできない」とのこと。なぜなら浴槽の管理の仕方によってカビの状態はまちまちで、例えば入浴後に石鹸カスなどを洗い流し、しっかり乾燥するまで換気すれば、カビはそれほど生えることはないようです(排水溝はのぞく)。つまり日ごろの対策が肝心なのです。

1 2