堅実女子ニュース&まとめ 恋人?友人?それとも守護霊?オタク女子が理想とする“推し”との関係性

気が付くと日常的に使われていることも増えている、“推し”という言葉。もともとはアイドルファンによって使われている用語で、「イチ押し(推し)のメンバー」の略といわれています。つまりファンが一番応援している対象に使われ、最近ではアイドル界だけではなく、アニメやゲームなどのキャラクターや、応援しているスポーツチームの選手など幅広く使われています。

オタ女にとって推しとの理想の関係性は、やはり恋人が第一位!

そこで今回ご紹介するのは、株式会社サイバードによるコダワリ女子のための異次元空間マガジン「numan(ヌーマン)」の読者向けに行なった調査結果。その名も「あなたは推しの何になりたい?」というもので、オタク女子が考える推しとの理想の関係性について調査を行なっています。ではさっそく、アンケートの結果をご紹介!

少数意見では「幼馴染」「マネージャー」「ペットボトル」「観葉植物」など。どれもひとつの愛のかたちです。

一番多かったのは「恋人」(22%)。「推しは素敵な人なので、付き合いたいなと自然に思ってしまいます。なので恋人一択です!」(パート・32歳)「推しを尊重し何よりも大切に思ってるので私も推しに尊重され大切にされたいです。推しを支え、添い遂げたいです」(薬剤師・25歳)といった熱い想いが寄せられており、推しに恋愛感情を抱く女性は少なくないことが分かります。

しかし、それに続くのは恋愛感情をともなわない「友人」(10%)。「恋愛対象になっても血縁関係になっても面倒臭いから、一番あっさりした付き合いが出来る結果がコレ」(会社員・29歳)といった現実的な意見がある一方、「友情パワーは最強だって知ってるので(キン肉マン読んで学びました)。推しの親友になりたい」(運行管理代務者・29歳)といった、熱い想いのこもった意見も。友人ではなく親友と限定しているところに、愛の深さを感じます。

1 2