堅実女子ニュース&まとめ 初めての都市型店舗が原宿駅前にオープン!イケア・ジャパンの新戦略は?

初の都市型店舗となる「IKEA原宿」が、6月8日「WITH HARAJUKU」にオープンしました。従来の郊外店舗と違い、都市のライフスタイルに寄り添った商品を中心に展開され、限定のメニューが楽しめるカフェもあります。原宿駅前というロケーションで今までとは違う楽しみ方ができる新店舗です。

暮らしのニーズに合わせた売り場で選びやすい店内レイアウト

2020年6月8日にオープンした都市型店舗「IKEA原宿」。

IKEA原宿は、都市部の暮らしのニーズに応えてくれるアイテムが充実した品揃えで、店内はテーマごとにレイアウトされています。「眠る」「整える」「くつろぐ」「料理する」という4つにカテゴリーに分け、ニーズにぴったりのアイデアをわかりやすく提案してくれています。

「眠る」エリアでは、都市の住環境を考え、狭い部屋でも質の良い睡眠を可能にする選りすぐりの商品でコーディネート。忙しい毎日、大切な睡眠時間を快適に過ごせるアイテムが販売されています。

「整える」エリアでは、家での収納や散らかりやすいものを整理する方法が紹介され、小さなスペースを有効活用できるアイデア満載です。

「くつろぐ」エリアは、ソファやグリーンなど、リラックスできるアイテムが。北欧らしいカラフルなテキスタイルは、おうち時間をハッピーにしてくれそうです。また、IKEA原宿での体験を共有できるフォトジェニックなスポットもあり、自分の部屋にあてはめてイメージを膨らませることもできそうです。

「料理する」エリアでは、便利な調理器具やフードロスを減らすアイデアの紹介もあります。毎日の食事が楽しくなりそうな食器もリーズナブルで揃えられ、おうち時間が長くなって自宅でお料理をする機会が増えた人にもおすすめです。

家具のレイアウトや収納も参考になるルームセット。

カテゴリーごとで選ぶのもいいですが、お部屋全体のイメージを確認したい人には、イケアではお馴染みのルームセットがおすすめです。IKEA原宿では、一人暮らし向けの部屋など、都市の限られたスペースの住環境を考え、レイアウトやサイズを合わせ、スペースの有効活用を提案してくれます。快適に過ごすヒントをもらえそうですね。

1 2