堅実女子ニュース&まとめ 2020年のいま日本で、これは私の物語!と叫びたくなる人が続出?映画『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』

150年も昔の小説「若草物語」を、『レディ・バード』の監督&主演コンビで映画化した『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』。グレタ・ガーウィグ監督自身の手掛けた脚本は、昨年のアカデミー賞脚色賞にノミネートされた技アリな構成。その中身とは?

『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』

『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』
(配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)●監督・脚本:グレタ・ガーウィグ ●原作:ルイーザ・メイ・オルコット ●出演:シアーシャ・ローナン、エマ・ワトソン、ティモシー・シャラメ、フローレンス・ピュー、エリザ・スカンレン、ローラ・ダーン、メリル・ストリープ ●6月12日から全国順次ロードショー

『レディ・バード』の監督&主演コンビが再結集

ルイーザ・メイ・オルコットの「若草物語」?ああ世界名作全集とかに載ってる小説でしょう、確か19世紀くらいの。小中学生のころに文学少女だったらきっと読んでいるはずの、世界中の人が時代を超越した名作と呼ぶにふさわしいと認めている小説。いわば小説の世界の優等生のようなもので、誰もがその価値を既に知っていて、なんども映像化・舞台化された作品でもあります。それをグレタ・ガーウィグ監督&シアーシャ・ローナン主演という、いろいろな意味で瑞々しい青春映画『レディ・バード』のコンビで映画化、ってなんでだろう? 疑問が浮かびます。それはまず、この映画の入り口です。

コスチューム・プレイというだけで二の足を踏む人もいるでしょう。でもその不安は、一瞬で吹き飛びます。19世紀らしい濃厚な闇をはらむ室内で、濃淡の効いた紺色の、質素だけれどなんともいえない味わいがあって素敵な衣裳に身を包んだシアーシャ・ローナンが立っている。ただそれだけで、彼女の佇まいが醸し出す、なんともいえない透明感に引き込まれてしまうのです(→アカデミー賞衣裳デザイン賞受賞!)。彼女こそが、この映画の主人公であるジョーです。

主人公であるジョーの夢は、小説家になること。

1 2