堅実女子ニュース&まとめ 出産をためらうのは経済的な理由から!日本は子どもを「産みやすい」国なのか

「子どもがほしいけれど、経済的に心配……」
妊活や教育費など、子どもを産み、育てるにはそれなりのお金が必要。経済的な理由でいろいろなことを諦めている堅実女子もいるのでは?

幼保無償化など、国も積極的にサポートする動きは見られますが、果たして状況や人々の意識は改善しているのでしょうか。今回は、公益財団法人1 more Baby応援団が実施した『夫婦の出産意識調査2020』の結果をご紹介します。

何をするにも、向き合わなければならないのが
お金の問題。

幼保無償化とは?

そもそも幼保無償化とは、どのようなことなのでしょうか。これから子どもを持つことを考えている人はぜひチェックしてみてくださいね。

幼保無償化とは、一定の条件を満たせば、3歳〜5歳児クラスの幼稚園、保育園等の利用が無料になること。2019年10月から始まった制度です。
参照:https://www.youhomushouka.go.jp

幼保無償化の影響を対象者に質問としたところ、「生活が楽になった」55.5%と半数以上が生活改善を実感していることが明らかに。「日々の家計が楽になった」43.9%、「生活費に関する心理的な不安が軽減した」39.1%といった声が挙げられました。

日本は子どもを「産みやすい」国なのか

幼保無償化によって、出産に前向きになったという声もあるものの、日本は子どもを「産みやすい」国に近づいているのかと問われると、「あてはまらない」「どちらかといえば、あてはまらない」と回答した人の合計は約7割にも上りました。この数値は昨年調査から2.6ポイント増加していることから見ても、改善はしていないようです。

その理由としては、「社会制度が整っていない」75.7%、「給与が低い(または上がる見込みがない)」59.5%、「保育・学校にかかるお金が高い」58.1%などが挙げられました。子どもを産み、育てていく環境がまだまだ整っていないと感じている人が多いようです。

1 2