堅実女子ニュース&まとめ 医療とサロンは大きく違う!?元店員に聞いた、脱毛エステのリアル事情

おこもり生活が続いた中、女性たちの間では、脱毛したい気持ちが高まっているようです。実際、医療脱毛を行なうエミナルクリニックの調査(h1)によると、女性たちはのコロナ終息後にやりたい自分磨きとして「美容院に行く」「脱毛サロンに行く」がトップ2に。

真夏に向けて、脱毛は気になるところです。

でも、脱毛は噂によればちょっと気をつけなければならないことも。そこで、脱毛エステサロンの元店員や体験者のインタビューより脱毛のリアルを探ってみました。

ずるずる勧誘され3年で150万もつぎ込み後悔…

脱毛サロンをはじめとして、エステといえば不安になるのが「勧誘されるのでは?」という不安。実際のところどうなのでしょうか?

まずは、ある脱毛エステサロンに通っていた30代女性Hさんの体験談から。

「知り合いから紹介されて、数年前に中堅規模のエステサロンに通い始めました。はじめは腕の部位だけであれば安いと思って通い始めたものの、エステティシャンから、脇以外にも脱毛したほうが良いと勧められ、他のパーツも脱毛していったら、結局、全身の脱毛を行なうことに。

さらに、脱毛効果を上げるために化粧品も購入するようにとのことで、言われるがままに購入もしました。脱毛後、しばらくすると毛が生えてきてしまうため、1年で終わらせるつもりが3年間も通うことになってしまいました。結果、脱毛にかかった総額は150万円近くに……。振り返ってみると、ずいぶんとさまざまな勧誘をされていたのですが、よくわからず効果が出ると思って購入してしまい、いまはもっと慎重に考えればよかったと後悔しています」

勧誘によってずるずると3年かけて150万も!これには驚きます。やはり勧誘は事実だったようです。

元大手エステサロンの店員で、現在、大手美容クリニック勤務の20代女性、Sさんによれば、どうやら店員には厳しいノルマがあるようですが……。

「私がかつて働いていた都内のエステサロンでは、営業ノルマが厳しく、その日のノルマに達しないと業務後の20時以降に、上司と『どのようにしたら契約がとれるか』などのロールプレイングを2時間ほどしないといけませんでした。しかも残業代はもらえず、たいへんつらかったのを思い出します。

また離職率が70%と高かったこともあり、休憩の1時間以外に手が空いている時間は一切なく、いつも時間に追われながら仕事をしていました。精神的に余裕を持てない職場でしたね」

厳しいノルマに残業代なし、休む暇なし、とくれば、離職率も上がって不思議ではありませんね。

1 2