堅実女子ニュース&まとめ 「お嬢さんを僕にください!」はアリ?ナシ?父親が結婚の挨拶で「ゼッタイ言われたくない言葉」

ジューンブライドといわれる6月。今年は新型コロナウイルスの影響で結婚式もままならない状態ですが、それでも結婚をする人はたくさんいるでしょう。

とはいえ、結婚に至るために必要なプロセスはいろいろあります。最初の難関といえば、夫となる男性が妻となる女性の両親のもとへ訪れる、結婚のあいさつではないでしょうか?

「会ったことがない方に……」父親と彼氏が初対面のケースは意外と多い

そこで今回ご紹介するのは、株式会社ネクストレベルが結婚を意識している彼女がいる独身男性を対象に実施したアンケート。まず結婚の申し込みに行く前の父親の印象を尋ねてみると、以下のような結果となりました。

「あまり怖くない」「まったく怖くない」と
答えた人は、もともと相手の父親とコミュニ
ケーションがとれているケースでしょうか。

一番多かったのは「少し怖い」(54.6%)。それに続くのは「すごく怖い」(23.1%)で、合計すると約8割の男性は相手の父親に恐怖を抱いていることが分かります。なぜそれほど怖いのでしょうか?その理由について尋ねてみると、以下のような結果となりました。

●彼女の父親が怖いと感じる理由

どんな人か不明……50人

何を聞かれるか不安……33人

結婚を許してもらえない……26人

自分の収入が少ない……24人

失礼をするかもと不安……17人

何となく自信がない……14人

仕事内容に自信がない……10人

「怖い」と聞いた……9人

自分の家柄が不安……8人

すでに嫌われている……5人

一番多かったのは、「どんな人なのか不明」という意見。具体的には「会ったことがない方に、一生のお願いを突然しに行くと考えるだけで想像を絶する」(北海道/29歳)、「彼女からの口頭でしか相手の父の情報を得ておらず、どんな性格どんな思考を持った人物なのか、わからない」(福岡県/27歳)といった意見がありました。結婚のあいさつまで交流がなく、その時に初対面という人は案外多いようです。

1 2