堅実女子ニュース&まとめ 日本人のきれい好きは嘘だった!? 欧米アジア11か国の中で掃除に費やす時間はまさかの最下位!

世界の中でも、きれい好きといわれる日本人。毎日お風呂に入るのはもちろん、世界的なスポーツイベントではスタジアムで自主的にごみを拾う日本人サポーターの姿が話題になることもあります。しかしドイツ・ケルヒャー社が世界各国の清掃習慣や掃除に対する意識を調べるため、ドイツ、フランス、イギリス、オランダ、ベルギー、ポーランド、ロシア、ブラジル、アメリカ、中国、日本の合計11か国に居住する18~65歳の男女を対象に「世界掃除アンケート調査」を実施。その結果、衝撃的な事実が判明したのです。

日本人が家を掃除する1日の平均時間は、わずか約13分

まず同調査では、各国の人に「あなたにとって家がきれいであることはどれほど重要ですか」と質問。すると回答者全体の92%が「重要」もしくは「とても重要」と回答している中、日本人そう回答したのは78%しかいませんでした。ちなみに、もっとも「重要」もしくは「とても重要」との回答率が高かったのはブラジル(98%)。次いでロシア(97%)となっています。

さらに同調査では、各国に「1週間のなかで、掃除に費やす時間はどれくらいですか?」と質問。その結果がさらに、衝撃的なものとなりました。

同じアジア圏でも、中国人は日本人よりもはるかに家の掃除に時間をかけていることが判明。一体何が違うのか?

日本は1週間のうち1時間33分で、11か国のなかでも圧倒的な最下位。平均すると1日のうち、わずか13分ちょっとしか掃除していないことが分かりました。一方、1位のロシアは週の中で掃除に費やす時間は4時間56分。1日平均にすると42分ほど掃除をしていることになります。

1 2