堅実女子ニュース&まとめ 夫婦間の隠し事、半数以上は貯蓄額を正確に共有していないことが明らかに!

昨年の老後資金2,000万円問題に始まり、消費税率アップ、そして今回のコロナ禍。お金について改めて考えるようになった堅実女子も、多いのではないでしょうか。

「ところで、うちには一体いくらくらい貯金があるのだろう……」
パートナーがいる人で、実は実態を把握していないという人もいるのでは?

今回は、松井証券株式会社が実施した「夫婦の家計管理事情に関する調査」結果をご紹介していきます。

夫婦間の隠し事、第1位は?

永遠の愛を誓い、一緒になった夫婦といえども、相手に言えないことの一つや二つはあるはず。「あなたが、パートナーに隠していることを教えてください」の質問に対しては、隠し事がない(67.4%)の回答以外では、1位がお金関連(20.9%)、2位恋愛関係(9.5%)、3位趣味関係(7.5%)が上位にランクインしました。

1位のお金関連について、より詳しく見ていきましょう。「あなたは、パートナーに自分の所得額と貯蓄額を共有していますか」と質問したところ、所得額については、正確に共有している人は62.1%、サバを読んでいる人が12.5%、そもそも共有していない人が25.4%という結果に。3人に1人以上は所得額を正確に共有していないことがわかりました。
一方の貯蓄額に関しては、正確に共有している人が46.8%、サバを読んでいる人が20.6%、そもそも共有していない人が32.6%と、半数以上が貯蓄額をパートナーに正確に伝えていないようです。

曖昧にしている人は結構多いのだな、という印象でしょうか。

所得額・貯蓄額共に、サバを読んでいると回答した人に対し、「あなたは、パートナーにいくらサバを読んで共有していますか」と質問。すると、所得額は、「若年夫婦が月額5万円(中央値)、熟年夫婦が月額3万円(中央値)、との回答結果が得られました。
貯蓄額は、若年夫婦が50万円(中央値)、熟年夫婦が100万円(中央値)、サバを読んでパートナーに伝えているとのことです。

自分のことにお金を使うために低めに共有しているのか、それとも見栄を張りたいがために高めに伝えているのでしょうか。そもそも夫婦のお財布は別、相手の状況を正確に把握する必要はない、と考えている人もいるでしょう。

1 2