堅実女子ニュース&まとめ いざという時の行動、把握していますか?自分が住んでいるマンションの災害対策、3割以上は「知らない」

近年では、日本、そして世界各地で地震や台風、豪雨などが発生しています。この7月の豪雨も各地に甚大な被害をもたらしました。災害対策は、すべての人が、これから向き合っていかなければならない課題といえるでしょう。

株式会社カシワバラ・コーポレーションが実施した、「マンション生活における災害に関する実態調査」によると、79.1%の回答者がこの1年間で「防災意識が高まった」「防災意識がやや高まった」と回答。ここからは、本調査の結果をご紹介しながら、みなさんの災害対策について見ていきます。

災害対策は私たち一人ひとりの課題です。

自分が住んでいるマンションの災害対策、3割以上は「知らない」

災害対策の重要性を分かっていても、実際に行動している人はどれくらいいるのでしょう。例えばマンションなど集合住宅に住んでいる人の場合、どんな対策がされているか把握している人は、決して多くはないよう。

「あなたがお住まいのマンションでは、災害対策が実施されていますか?」の質問に対しては、30.3%の回答者が「知らない / わからない」と答えたとのこと。この傾向は築年数が経つにつれて強くなるようで、10年以上の築年数のマンション居住者は約半数が「実施されていない」「わからない」と回答しています。

堅実女子の皆さんは、どの程度把握していますか?

1 2