堅実女子ニュース&まとめ アプリでマッチングした人とのその後……なぜ多くの人は交際まで発展しないのか?

マッチングしても実際に交際できる確率は26%

コロナの情勢を考えると、当面は婚活の手段として大勢の人が集まらないマッチングアプリが主流になるのでしょうか?しかし前述の調査結果ではマッチングアプリを含め、多くの人が婚活にネガティブなイメージを持っていることも明るみになっています。そこで同調査では、マッチングアプリで実際にマッチングに成功した人を対象に「その後の結果」をアンケート。結果は次のようになりました。

「メッセージのやりとりだけで会ってない」人が多いのは、メッセージの内容に問題があった?

一番多かったのは「メッセージのやりとりだけで会っていない」(22%)。それに続くのは「一度会っただけ」(15%)「何度か会ったが付き合わなかった」(18%)となり、その次にようやく「付き合ったが別れた」「付き合った」が登場しています。つまり同調査を見ると、別れてしまった人も含めて実際に恋人として付き合うことができた割合は26%。「友達として付き合っている」人も9%いましたが、ほとんど半数以上はマッチングしても交際に発展しないことが分かります。

なぜここまで成功率が低いのでしょうか?その背景にあるのは、やはり婚活そのものに対しるネガティブイメージが大きいように感じます。さらに同調査では「アプリや婚活イベントに改善してほしいこと」を尋ねたところ、1位は「身元確認の徹底」に。まずはシステムを通して相手の素性をより明確にできる方法を考えていく必要があるのかもしれません。

【調査概要】
調査主体 :株式会社ミュゼプラチナム
調査日  :2020年4月27日~2020年5月6日
調査方法 :インターネット調査
調査人数 :723名
調査対象 :全国20~34歳の女性

1 2