堅実女子ニュース&まとめ 絶滅危惧種かと思いきや、令和時代も健在!ラブレターをあげた人ともらった人のその後とは?

堅実女子の皆さんは、ラブレターを出したりもらったりしたことがありますか?LINEやビジネスチャットの台頭により、Eメールですらもう終焉という人も少なくないこのご時世。ラブレターなんて、もはや絶滅寸前の文化なのでしょうか?

18~25歳の若者世代でも約4割はラブレターをもらっている

今回ご紹介するのは、株式会社ネクストレベルが行なったラブレターを含む愛の告白方法に関する世代別アンケート。35~44歳の「アラフォー世代」、25~34歳の「アラサー世代」、そして18~25歳までの20歳前後「Z世代」の三世代で、それぞれ愛の告白方法を比較しています。まずアラフォー世代とアラサー世代、そしてZ世代それぞれでラブレターをもらった人と書いた人の割合を比較。その結果は以下の通りとなりました。

●ラブレターをもらったことがある人の割合

アラフォー世代……43.6%

アラサー世代……36.4%

Z世代……38.2%

●ラブレターを書いたことがある人の割合

アラフォー世代……32.7%

アラサー世代……20.0%

Z世代……19.1%

10代の頃のアラフォーは、LINEどころからスマホも存在しなかった世代。やはり、ラブレターをもらった人も書いたことがある人も若い世代よりも高めとなっています。しかし意外なことに、スマホはなかったもののケータイによるメール文化を生きていたアラサー世代からLINEやSNS全税のZ世代でも、ラブレター文化は健在!まったく文化として廃れていなかったのです。

LINE全盛世代だからこそ、手紙によるアプローチが新鮮で特別感があるのでしょうか?
1 2