広がる「家事六月病」! やる気がでないときのお掃除・除菌どうしておけば大丈夫!?

広がる「家事六月病」! やる気がでないときのお掃除・除菌どうしておけば大丈夫!?

いよいよ梅雨の季節も本番に。雨続きの日々に湿気……なんだかブルーな気持ちが続く、という人も多いのでは!? 五月病はよく耳にすると思いますが、最近は“家事六月病”が広がっているんだとか! トレンド総研が実施したアンケート結果から、その実態をチェックしてみましょう。

梅雨の“家事六月病”雨・湿気・カビのせいで梅雨の時期の家事は憂鬱に

じめじめとした湿気が多い梅雨の季節は、気持ちが沈んだり、仕事がいまいちはかどらなかったりとペースが乱れることも。同調査では、「梅雨の時期に家事が憂鬱だと感じることがある」という主婦は87%と、9割近くに。

kenjo_20150609_01

雨の日が続き、湿度も高いとなると、洗濯物を屋外に干すことができなかったり、家の中でカビが生えやすかったり……この梅雨の季節ならではの家事の手間が“家事六月病”の広がりの一因だと言えそうです。「梅雨の時期に家事が憂鬱だと感じる理由」ランキングは以下の通り。

1位:洗濯物が乾きにくいから(84%)
2位:湿気が気になるから(82%)
3位:カビが気になるから(65%)
4位:雨で靴や服が汚れるから(50%)
5位:食べ物が傷みやすいから(49%)

梅雨時期の家事では、“雨”、“湿気”、“カビ”といった問題が主婦たちを悩ませていることが明らかになりました。また、96%もの主婦が、「梅雨の時期には、自宅における菌やカビへの不安が高まる」と回答しています。

自己採点は平均「44.3点」、梅雨時期の課題「布製品の菌・カビ対策」

続いては、家庭内の布製品について、梅雨の時期どのようなケアをしているのかです。「自宅にある布製品のうち、梅雨の時期に特に菌やカビが気になるもの」を聞くと、1位は「衣類」(68%)でした。「カーテン」(63%)、「布団」(63%)、「枕」(60%)と回答は続き、家庭のあちこちにある布製品を心配する声があがりました。

kenjo_20150609_02

「自宅にある布製品全般に対して、菌やカビの対策を行っている」という人は29%と、わずか3割に。菌やカビへの対策を100点満点で自己採点してもらうと、その自己評価は平均44.3点と低い結果となりました。

▼家事の専門家に聞く、梅雨の布製品の菌・カビ対策

1 2
占い 時短 恋愛運 キャリア 婚活 恋愛講座 貧困女子 アプリ 不倫 その1 浮気事件簿 美人探偵 セカンド 浮気 アラフォー 恋愛 結婚 金運 アラサー 運勢
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。