堅実女子ニュース&まとめ 地方移住に興味あり!物価の高さや狭い人間関係、経験者が感じた移住前後のギャップは?

仕事や家庭、お金の使い方など、様々な面で「このままでいいのかな」と考えるきっかけになった新型コロナウイルス。暮らす場所について、改めて考えている堅実女子もいるのでは?

テレワークの普及により、仕事の内容によっては「別に都会にこだわらなくてもよいかも……」と思い始めた人もいるかもしれません。

地方移住という言葉をよく耳にするようになりましたが、実際どんな感じなのでしょうか。今回は、三重県が実施した調査結果をご紹介。若い世代の都市部から地方への移住経験者の視点や、移住前後の状況を紐解いていきます。

収入、人間関係……移住前の不安は?

見知らぬ土地に移り住むのはどんな人でも、期待と同じぐらい不安を抱えているもの。最近では自治体や企業などで積極的に説明会を開催しているところも多いようですが、実際のところは住んでみるまでわからないですよね。

調査結果では、移住への不安要素として、次のような声が挙げられています。

生活になじめるか不安……。(三重県調べ)

移住後に感じたこと。移住前とのギャップは?

移住前には収入や人間関係に不安を抱えている人が多いことがわかりました。では、移住後はというと……。

地方だからこその暮らしにくさもある?(三重県調べ)

「特になし」と回答した人が目立っていますね!注目したいのは、物価の高さ。「都市部よりも地方のほうが生活費が安くなると想像していたが、実際は物価の高さや車の燃料費など想定よりも生活費がかかった」が14.5%ありました。また、「自然環境の豊かな田舎暮らしに憧れていたが、実際に住んでみるとインフラや都心へのアクセスなど生活が不便に感じることがあった」は12.0%でした。

移住前に多かった人間関係の不安については、「地方ならではの住民とのつながりや交流は魅力だと思っていたが、実際は人との距離感が近過ぎて戸惑ったり、煩わしさを感じる感じることがあった」という声も10.0%ありました。

特に都会でしか暮らした経験がない人にとって、移住前に地域特有の人間関係の狭さを想像するのは難しいかもしれません。地域の規模や特性、そしてその人自身の性格によるところが大きいでしょう。

1 2