堅実女子ニュース&まとめ バイト気分で始めた夜の仕事が命取りに…エリート高学歴女子がホスト沼にはまるまで~その1~

どこにでもいる女性でも気が付くと、その世界の『沼』にはまってしまうケースを紹介する本シリーズ。今回はホストの沼にはまってしまった女性をご紹介します。

高橋保乃さん(仮名・33歳)は現在無職。ついこの間まで夜職で月収3桁万円を稼いでいましたが、今は籠りきりに。手元に残った100万円をなんとか減らすまいと、ギリギリの生活を送っているようです。

「久しぶりにこんな休んでいて、自分でもビックリしているんです。今までずっとずっと、働き詰めだったので。ただお金もないしそろそろ働かなくちゃと思っているんですが」

なぜ夜職をしていたのに、貯金が100万円程度なのでしょうか?

「今まで稼いだお金は全部ホスト行き。2か月間ぶっ通しで働き詰めたことも、何度もありましたよ。めちゃくちゃ働いているのにお金は右から左へ出ていくので、とっても自分に使うお金なんてありません」

とても夜のお仕事をしていたとは思えない保乃さん。落ち着いた口調で、見た目はいかにも真面目なOLのような感じ。ですがよく観察してみると、自分で染めたであろう不自然な黒髪に、ボロボロの自爪。着ているニットにも毛玉がついていて、”自分に使うお金がない”という言葉を強く意識させるものがありました。

ホストにハマってしまう前は、有名私立大学の薬学部に在籍していたそう。

「私ずっと、頭が良かったんです。兄がいたんですけど兄妹ともに成績優秀で、両親からすれば自慢の子供だった。そろばん教室や塾、水泳、あらゆる習い事をしていましたが、全て完璧にこなしていましたよ」

勉強尽くしの毎日でしたが決してガリ勉ではなく、友達付き合いもうまくやっていたのだとか。成績優秀、クラスの人気者、学校ではとても目立つ存在で先生達からの信頼も厚かったと言います。

「親も教師も常に褒めてくれるから、正直気持ちよかったですね。成績も良くて陽キャだとスクールカーストの上位にいられるから、それも気分が良かった。私はルックスもそこそこだから、学年イチのイケメンとも付き合えて。我ながらいい人生だって、10代のうちから思っていました(笑)」

保乃さんは目がクリッと大きくて、愛らしい顔立ちをしています。口調も落ち着いており柔らかな雰囲気があるので、それが男性に好かれるのでしょう。

1 2