堅実女子ニュース&まとめ 結婚しない人生|閉経で依存から抜け出せた…、医者一家出身女子の独身主義理由は潔癖と虐待~その1~

婚活関連のニュースがあふれていますが、生涯未婚率(50歳時未婚率)は上昇。国勢調査によると、50歳まで結婚したことがない人は、1990年には男性5.6%、女性4.3%だったのに、2015年の国勢調査では男性23.4%、女性の14.1%と、男女ともに約4倍のポイントに跳ね上がっています。

独身の経済観を示す「ソロエコノミー」という言葉も登場。増え続けるシングルの背景を取材しました。

閉経で自然妊娠の可能性がなくなる幸福

今回お話を伺ったのは、契約社員の米沢真帆さん(仮名・47歳)。現在は高円寺の1Kの賃貸マンションで一人暮らし中。90年代カルチャーの空気をギュッと濃縮したようなファッションがスリムな体によく似合っています。

「このヒョウ柄のTシャツとワッペン付きのデニムはヒス。三つ子の魂じゃないけれど、昔好きだったものはずっと好き」

思った事を口に出し、ウソをついたりとりつくろったりしていないタイプ。明るく楽しい人で、過度に人に気を使ったりしないから心地いいし、美貌もあいまって、真帆さんは男性からモテるそうです。

「確かにそうかもしれない。今まで多くの人からプロポーズをされてきた。でも私のことを好きな男は、モラハラの指向があるんだよね。若い頃はそれなりの相手からプロポーズされていたけれど、40代になってからは変な人ばかり。最近、28歳の東大医学部卒の男性からプロポーズされたんだけれど、その人とても小柄なのね。で、なんて言ったと思う?『僕は背が低いですので、高望みはしないのです。あなたくらいの大人の女性がいいのです』だって(笑)」

大学は出ていなくてもいい、年齢が高くてもいい、派遣社員でもいい、過去になにがあってもいい……男性からのプロポーズの言葉には、真帆さんを見下して支配したい本音が見え隠れしました。

「揃いも揃って、みんなハイスぺ男子なのよ。彼らは、学歴、就職先、結婚、子ども、マイホームなど“人生のチェックシート”みたいなものがあって、それにチェックすることを他人につき合わせてくるようなところがある。自分のチェック項目を満たすことに対して、何の疑問も持たないから、平気で人を侮辱する。私、最近、閉経したんだけれど、『これで自然妊娠の可能性がなくなった』ってすごくホッとしたし、満たされた」

壮絶な虐待経験があり、子供が欲しいと思った事はない

1 2