堅実女子ニュース&まとめ 結婚しない人生|閉経で依存から抜け出せた…、医者一家出身女子の独身主義理由は潔癖と虐待~その2~

婚活関連のニュースがあふれていますが、生涯未婚率(50歳時未婚率)は上昇。国勢調査によると、50歳まで結婚したことがない人は、1990年には男性5.6%、女性4.3%だったのに、2015年の国勢調査では男性23.4%、女性の14.1%と、男女ともに約4倍のポイントに跳ね上がっています。

独身の経済観を示す「ソロエコノミ―」という言葉も登場。増え続けるシングルの背景を取材しました。

今回お話を伺った、派遣社員の米沢真帆さん(仮名・47歳)が結婚しない理由は虐待経験があるから。不幸を再生産しないためにも、結婚はしないのだといいます。

【その1はこちら

20代は恋愛に明け暮れた

真帆さんは、公立高校在学中からめちゃくちゃモテたそう。誰もが憧れる先輩から、「卒業したら結婚しよう」と言われたこともあったとか。

「高校2年の時にロストバージンしてからは、恋愛に明け暮れたと言ってもいいかもしれない。なんというか、渇望してしまうんですよ。砂漠を歩いていて、喉がつねにカラカラで、水を求めているような気持ち。関係を持っているときだけが、呼吸ができているように感じて、学校内でも関係を持った人がたくさんいました。その中に、誰もが憧れていた軽音楽部の先輩がいたのですが、その人から『卒業したら結婚しよう』と言われたこともあった。もちろん断ったら、『オマエみたいなブスは、ホイホイついてくればいいんだよ』と怒鳴られました」

これには後日談があって、卒業から2年後、ある日突然、先輩から電話がかかってきて、「そろそろ反省した頃だから、元に戻ってやってもいい」と言われたそう。

「私のことを好きになるのは、そんな人ばかり。トンチンカンで支配的。父親そっくり。数限りなく男性と関係を持ったけれど、容姿もスペックも父親を超える人はいなかったようにも思う。そもそも性交渉って限りなく不潔で危険極まりない行為。それを繰り返しているのに、私自身はすごい潔癖症。さみしくて男性と交渉せずにはいられないのに、相手のことがたまらなくうっとうしくなる。ホントにおかしな話なんだけれど、私は自分自身を“矛盾の化け物”だと思う」

20~30代は恋愛に明け暮れた真帆さん。興味を持った男性は、片っ端からモノにして、手に入れるとどうでもよくなってしまうのだそう。

「若さゆえのやらかしは、たくさんしました。潔癖症だから、そんな自分が受け入れがたくて、お酒に溺れたこともありました。あれは依存症レベルだった。20代は単なる恋愛が多かったけど、30代の恋愛はほぼ不倫。このときに既婚者男性の気持ちがよく分かった。『嫁のことは心から信頼している。でも俺に恋する女がいるってたまんねーな。気持ちいいな~』って心の声が聞こえる。そういうことに当事者として関わってしまうと、結婚しなくなりますよ。だって不幸になるだけだもん。自分も既婚者と関係を持っているくせにね」

性依存症が落ち着いた今、とても穏やかに過ごしている

1 2