堅実女子ニュース&まとめ リモートワーク中に、夫はゆるふわ元部下の家に!?コロナ禍が露わにした社内格差夫婦の心の隙間~その1~

新型コロナウイルス感染症対策本部で特別措置法に基づく緊急事態宣言を発令。これにより政府は「外出自粛」「学校の休校」「テレワークの推進」を要請。家族が一緒にいる時間が長ければアラが見え、家庭不和が起こるだけでなく家族間の秘密も浮き彫りになる。

一時期、「#コロナ不倫」という言葉がSNSを賑わせた。本誌は、コロナ禍によって変化した夫婦関係の取材を続けている。

出世する妻と、子会社出向の夫

コロナ禍で「夫が恋人の家に転がり込んだ時期があった」という笹岡千里さん(仮名・38歳)に、お話を伺った。

「結婚10年、まさか夫が私の部下と3年以上不倫関係とは、全く思っていませんでした」と語る。

千里さん夫婦は、大手食品関連会社に勤務している。10年前に2歳年上の夫と千里さんは先輩・後輩関係だった。

しかし、帰国子女で仕事ができ、役員の覚えもめでたい千里さんが順調に出世の階段を上る。同時に、千里さんはほぼワンオペで家事育児をしており、9歳の娘と6歳の息子を育てている。

千里さんが勤務する会社は、社内結婚した場合、夫婦は関連から遠い部署に送られる。

「夫は営業、私はマーケティングだったので、まあ、関係が近いといえば近い。でも、担当する商品が全く異なるので、そんなに関連もないんですよ。ただ4年前に私がワンオペ育児で疲れ果てて、体重が30キロ台になってしまったことがあり、それを心配した役員が話しかけてくれて、夫のグチをちょろっと言ってしまったんです。そしたら、夫は比較的時間の融通が利く子会社への出向になりました。私はすでにチームリーダーでしたが、夫はリーダーにもなっていなかったので、役員としては、夫をヒマにすれば私の負担が減ると思ったんでしょうね」

妻へのコンプレックスが、夫を浮気へと走らせたのではないか

1 2