堅実女子ニュース&まとめ コロナ禍で実感した「リストラされるかも…!?」リストラされそう、心配なさそうな人はどんな人?

経営破綻や営業自粛……。堅実女子の皆さんの中にも、新型コロナウイルス感染による影響を受けた人がいるのではないでしょうか。先がなかなか見えず、何が起きるかわからないこの状況。今問題なくても、いつどうなるか誰もわかりません。

今回は、株式会社パッションが実施した『リストラに関する実態調査』(モニター提供元:ゼネラルリサーチ)の結果をご紹介します。

先の見えないコロナ禍、職を失うのは特別な人たちだけではありません。

4割以上が「自分がリストラにあうかも…」と思っている!?

本調査ではまず、「あなたの会社では現在リストラの動きがありますか?」と質問。すると、3割以上の回答者が『はい(31.5%)』と答えたそう。具体的には、『希望退職者を募る(42.5%)』『解雇(23.0%)』『退職勧告(18.4%)』『配置転換(10.8%)』などの動きが挙げられました。

リストラに関するエピソード
・「会社からは事後報告で前触れもなく、周知もなく退職している」
・「全社で希望退職を募る動きがあった」
・「お世話になった上司がリストラで退職した…」
・「不適格者の配置換えや営業所飛ばしがされている」

また、「ご自身がリストラにあう可能性はありますか?」の質問には、『大いにあり得る(10.2%)』『もしかしたらあり得る(32.2%)』と、4割以上の回答者がリストラにあう可能性があると考えているようです。

リストラの対象となる人の特徴としては、『勤務態度に問題がある(43.7%)』『給与と成果が見合っていない(37.6%)』『活躍できるポストがない(28.2%)』などの声が挙げられています。

リストラは他人事ではない……!?
1 2