コラム 派遣から弁護士になった、あきらめない女が考える!弁護士との恋愛の注意点~その2~

同じ司法試験と司法修習を経た法律系男子ですが、出逢いを期待できそうなのは、やはり弁護士だということを その1でお話しました。~その1~はコチラ

もっとも、一言に弁護士といっても、様々な弁護士がいます。堅実女子の皆さんにふさわしい堅実男子度ナンバーワン弁護士は、いかなる弁護士なのでしょうか。そして、弁護士との恋愛ではどこに注意するべきかを考えてみたいと思います。

弁護士といっても様々

法律系男子三者の中で、弁護士だけが公務員ではなく、私人です。私人ゆえに、経済的にもふり幅が大きく、食べていくのが大変な弁護士もいれば、バチェラーのような弁護士もいます。

ざっくり分類すると、以下のような感じになります。

(1)勤務先による分類

・法律事務所に勤務している弁護士

・会社員として企業に雇用されている弁護士(企業内弁護士、インハウス弁護士)

・起業して別のビジネスを中心に活躍している弁護士

(2)弁護士事務所の規模による分類

・大手ファームの弁護士

・中堅事務所の弁護士

・小規模事務所の弁護士

(3)事務所内の地位による分類

・経営者の弁護士(パートナー)

・居候の弁護士(アソシエイト)

・弁護士法人の社員である弁護士

弁護士でのオススメは

さて、この中で、堅実女子にふさわしい弁護士は誰でしょうか。

何があっても揺らがない人脈や預貯金がある弁護士を探したいところですが、そういった方には、高確率で既にご家族がありますので、今から出会って適法に交際することは難しく、いわゆる若手弁護士との出逢いが現実的だと思います。

筆者が、堅実女子にオススメする弁護士は、大手企業のインハウス弁護士です。

インハウス弁護士は会社員ですので、労働法の保護の下で節度ある労働時間で働くことができ、企業の福利厚生も享受することができます。

その中でも、大手企業のインハウス弁護士には、大手企業勤めの安定感も期待できます。

「弁護士と交際したい、でも安定感も欲しい」そんな堅実女子に、インハウス弁護士はピッタリではないでしょうか。

堅実女子にオススメはインハウス弁護士です!
1 2