堅実女子ニュース&まとめ アーティストとお客さんの化学反応を痛感!新しい形の音楽フェス「ドライブインフェス」に参加した、YonYonさんの「新しい生活」とは?

YonYonさん。

2020年8月22日、23日に千葉県で開催された「ドライブインフェス」。ソーシャルディスタンスを保つために、基本的に車内でライブを楽しむという新しいカタチのフェスです。記事はコチラ

そのフェスに出演された、ミュージシャンのYonYonさんにお話を伺いました。野外フェスだけでなく、小さな箱でのパフォーマンスにも定評のある彼女がコロナ禍で感じたこととは?福岡への移住の話もたっぷり語っていただきました。

お客さんの顔が見えるライブイベントは、なくしてはいけない

――コロナ禍になってから、今回のフェスがお客さんの前で行なう初めてのライブだと伺いました。

「配信ライブや小規模でのイベントはいくつかありましたが、フェス規模のイベントは今年初めてだったので、ワクワクでした。野外でのDJが得意ですし、好きだから私自身も楽しむつもりで来ました」

――今、ライブが終わったばかりですが、感想を教えて下さい。

「最初は、クルマとステージが遠いから心理的な距離感があると思いきや、実際にステージに立ってみたら全然違って!盛り上がるところでクルマのライトを照らしてくれたり、ペンライトを振ったりして、一体感がありました。プレイしているとちょうど日が落ちて、ライトがキラキラ光って、私も一緒に景色を楽しめました。

クルマのスピーカーで音楽を聴くと聞いていたので、もっとこじんまりとした雰囲気を想定していたので、、選曲もチルっぽいものを用意していたんです。そしたら、私の前にパフォーマンスをしていたMaika Loubtéちゃんのライブを観て、思ったよりみんなクルマの外(車両の右側に統一)に出て聴いてる方も多くて、外のスピーカーからも音量が結構出ていたので、選曲の方向性を変えました!」

――けっこうノリのいいセットリストだと思いましが、当初はゆったりした選曲でいくつもりだったんですね。

「そうですね。なんとなく今日はこんな感じかなぁというのだけイメージしてくるんですが、普段から、セットリストはその場で選ぶスタイルにしていて。今回は会場が山奥で、夏だし、爽やかなサマーチューンでいこうということまでは考えてきていたんです。(直前にプレイした)Maikaちゃんの雰囲気を見て、急遽選曲し直しました。現場に入ってみないとわからないし、時間帯によっても変わります。曲の流れは、柔軟に変えられるように広く準備しているんです。それを判断する為にも、プレイ前にこっそりフロアの様子(オーディエンスの雰囲気)を視察したりしています」

――ライブができない状況というのは、アーティストにとってどんな影響がありますか。

「ファンの方、リスナーのみなさんの顔が見えないというのは、とても残念。配信ライブはするけど、どうしても一方的になる。お客さんも一方的に見ているし、私もそう。その場でアーティストとお客さんがひとつになることで化学反応が起きることを痛感しました。だからライブイベントは絶対なくしてはいけないと思うし、今日みたいな新しい試みを含めて、これからも展開していってほしいです。

最近は、プレイヤーでの活動がメインでイベントをプロデュースする側としては、率先することは減っていましたが、アーティストとしても自分でライブをやるときに参考になると思いました。配信以外にも、ソーシャルディスタンスをうまく保ちながら、対面して一緒に楽しめるコンテンツというのを探していきたいですね」

1 2