なんであんな投稿しちゃったんだろう! SNSの“黒歴史化”3人に1人が経験アリ!

なんであんな投稿しちゃったんだろう! SNSの“黒歴史化”3人に1人が経験アリ!

TwitterにFacebook、Instagram……これらのSNSを利用している人も多いと思いますが、投稿した内容を後悔したり、削除したりしたこと、ありませんか? トレンド総研が、「SNSの“黒歴史”」をテーマに意識・実態調査を実施したところ、3人に1人がSNS投稿の“黒歴史化”の経験アリということが判明しました。

SNSの“黒歴史”って?

「SNSの“黒歴史”」とは、内容の恥ずかしさや痛々しさから、のちのち後悔したり、なかったことにしたいと思ったりする過去のSNSの投稿のこと。例えば、mixiに投稿した、当時付き合っていた彼氏への愛をつづった日記であったり、Facebookに投稿した、服を脱ぐなどして騒いでいる飲み会の写真など……。

日常的にSNSに投稿している15~39歳の男女500名が使っているSNSとしては、Twitter(51%)、LINE(49%)、Facebook(45%)、Instagram(17%)、ブログ(11%)、mixi(11%)、Google+(8%)が挙げられました。

SNS投稿の“黒歴史化”、3人に1人が経験アリ!

自分の過去のSNSの投稿を“黒歴史”だと認識したことがある人は全体の32%と、3人に1人の割合でいることがわかりました。そんな“黒歴史”、投稿後にどのようなアクションをとったのかについては、89%の人が「投稿自体を削除した」と回答。さらにその59%は「投稿自体を何回も削除」していました。
また「投稿元のアカウント自体を削除した」人も43%、うち半数以上は「アカウント自体を何回も削除したことがある」(55%)と答えました。

kenjo_20150630_01

投稿が“黒歴史化”しやすいSNSについては、1位「Twitter」(55%)、2位「mixi」(40%)、3位「Facebook」(38%)と続きました。短いワード数でつぶやく「Twitter」は手軽に投稿できる、削除できることから“黒歴史化”しやすいようです。

“黒歴史化”した投稿の内容については、以下の通り。

1位 そのときの心情を表現したひとり言(59%)
2位 恋愛に関するネガティブな内容(34%)
3位 仕事に関するネガティブな内容(21%)
4位 恋愛に関するポジティブな内容(18%)
5位 友人・知人に対する批判・文句(16%)

・「病んでいる様子がうかがえる迷走した内容のブログ。冷静になってから読み直して深く後悔した」(23歳・女性)
・「受験生時代、心が不安定だった上に彼氏ともなかなか会えず、病んだツイートをしていたのが恥ずかしい」(18歳・女性)
・「恋人と喧嘩して感傷に浸っている投稿。悲劇のヒロイン気取りの内容で、冷静になったときに痛かった」(33歳・女性)
・「若さゆえの万能感と正義感にあふれたブログ記事。改めて見たら純粋に恥ずかしかった」(20歳・男性)
・「美容室でカットした後に投稿した自撮り。振り返って見たら、美人でも可愛くもないのに投稿したことが恥ずかしくなって削除した。自撮りは自分の残念な顔をさらしているだけだと後悔した」(26歳・女性)

“黒歴史”の具体的な内容としては、「迷走した内容」や「病んだツイート」といった不安定な心情を表しているものや、反対に、「万能感や正義感にあふれた記事」など、いつもより気分が盛り上がった状態で投稿したものが目立ちました。その場の心情や勢いにまかせた投稿は、のちのち“黒歴史化”しやすいようです。

▼5人に1人は、自分の投稿が原因でトラブルに発展

1 2
アラフォー アプリ 貧困女子 その1 恋愛運 恋愛講座 結婚 婚活 恋愛 キャリア 浮気事件簿 金運 不倫 セカンド 浮気 占い アラサー 時短 美人探偵 運勢
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。