堅実女子ニュース&まとめ 『セックス・アンド・ザ・シティ』には続きがあった!SATCにまつわる英語フレーズ

今年6月、ニューヨークを舞台にした超人気ドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ(以下SATC)』の作者は、あの世界観の25年後を描いた著書の日本語版を発売。現在とはまた違った価値観を持つ女性4人の友情と恋愛、キャリアを欲望の赴くまま描き出したこのドラマに、国境を問わず多くの女性が夢中になりました。

今回は、彼女たちの25年後を描いた世界を紹介するとともに、SATCの名言をご紹介します。

25年後のSATCはリアルでイタい……それでいてやっぱり最高に楽しい

SATCは、4人の美しい女性が中心となり物語が進んでいきます。4人はそれぞれ、売れっ子ライター、弁護士、PR、アートギャラリーのキュレーターと誰もがうらやむ仕事をしていますが、私生活では多くの女性と同様、「あちゃー……」と思わず目を手で覆いたくなるような失敗をし、悩みを抱えています。ニューヨークのアッパーでおしゃれな雰囲気を体現しつつ、それでいて何よりもリアルなのがSATCです。

4人がガールズトークに花を咲かせた、セントラルパーク。

一方、SATCの著者が、SATC同様に自分が生きるリアルな世界を元にして描いた25年後の世界は、やっぱりイタく、それでいて私たちに元気を与えてくれる明るさで溢れています。

主人公たちは50代前後の女性なのですが(SATCと登場人物は異なります)、「いろいろあったけどやっぱりセックスがしたい!」という覚悟のもと、流行りのサイクリングをしてみたり、出会い系サイトを利用したりしながら「ニューヨークにはまだ私がセックスできるチャンスはあるの?」という問いの答えを探します。

この問いこそ、著書のタイトル「Is there still sex in the city? 」なのです。

SATCの名言集

SATCは、いつの時代も女性たちがおもわず膝を打ってしまうほど共感できる言葉に満ち溢れています。ドラマ版SATCから、至極の名言をご紹介します。

He’s Just Not That into You.「彼はそこまできみに夢中じゃないってこと」

『そんな彼なら捨てちゃえば?』という邦題の映画は、SATCのこのセリフから着想を得たものでした。SATCのドラマの中では「彼はそこまできみに夢中じゃないってことだよ」という意味で使われていました。煮え切らない彼を持つ女性にはとってもグサッとくる言葉です。

1 2