堅実女子ニュース&まとめ いつする? どこに頼む? きっかけは? エアコンクリーニング経験者300人に聞きました

新型コロナウイルスの影響により、在宅ワークという新しい就業形態が定着しつつあります。今までよりも自宅で過ごす時間が増え、エアコンなどの家電利用の時間も増えているのではないでしょうか。9月、10月も暑さが続く予想ですが、みなさんはエアコンのお手入れ、どうしていますか?

エアコンクリーニング、どこに頼んでる?

エアコン掃除業者比較サイト「カジアンド」を運営する有限会社かねきが、現代のエアコンクリーニング事情について調査を実施。掃除業者の選定基準や掃除の頻度が見えてきました。

掃除業者は知名度よりもコスパ重視の傾向に

掃除業者の選定については、僅差であるものの、知名度の高い大手サービスを抑えて「地元の業者」(27%)が1位という少し意外な結果となりました。
2位以降にはお馴染みの「おそうじ本舗」(24%)、「ダスキン」(23%)が続きます。

「地元の業者」(27%)が1位 。

エアコンを取り付けてから何年目でエアコン掃除業者に依頼したかという質問では、2~5年目に依頼する人が約半数という一方で、購入から10年以上経過していても買い替えではなくクリーニングを選択する人も多いという結果に。
新しく購入した場合には設置や廃棄といった手間がかかることもあり、今のエアコンをできるだけ長持ちさせたいと考える傾向にあるようです。

2~5年目に依頼する人が約半数 。

エアコンのお手入れは、どのタイミングで行なうかも迷いますよね。夏が来る前? それとも冬が来る前? やっぱり梅雨前……!?

同調査で最も回答が多かったのは、梅雨時期の「6月」(32%)、 続いて「7月」(18.7%)、「5月」(17.3%)という結果に。夏に備えるためにエアコンクリーニングをする人が圧倒的に多いようです。一方でこの時期は業者の繁忙期でもあるため、予約が非常に取りづらい場合も。予約をスムーズに、なおかつリーズナブルにクリーニングを依頼したい場合は、「春」か「秋」を狙ってみてはいかがでしょうか。

最も多かったのが梅雨時期の「6月」(32%)。
1 2