堅実女子ニュース&まとめ シャンプーを使わない“ノープー”がじわりと増加?コロナ禍で変わる、ヘアケア事情

コロナ禍で外出機会が減ると、ついメイクやファッションが適当になってしまう。そんな堅実女子の方は少なくないかもしれません。さらにヘアに関するお手入れの変化として、“ノープー”と呼ばれるケア方法が広がりつつあることをご存じでしょうか?

整髪料を使わないヘアスタイルならアリ?ノープー経験者は12.1%

ノープーは「ノーシャンプー」の略で、シャンプーを使わずにお湯だけで洗うヘアケアのことをいいます。別名“湯シャン”とも呼ばれているそうですが、このノープーを実施している人はどのくらいいるのでしょうか?株式会社プラネットによる調査の結果は次の通りとなりました。

コロナの流行をきっかけにノープーをはじめた人は0.9%でした。

ノープーを経験したことがない人は87.9%と、やはり圧倒的多数です。一方で「流行前は使っていたが、流行後に使わなくなった」人(0.8%)を含め、ノープー経験者は12.1%となっています。

なぜやろうと思ったのか?同調査に寄せられた自由回答をみると「美容院に行く時期を先延ばしにできるように、かなり短く切った。トリートメントの使用はやめ、シャンプーの頻度を落として、お湯シャンがメインになった」(女性・40代)といったものや、「美容院でセルフカットできる髪型にしてもらい、やり方を教えてもらってセルフカットに変えた。これから、お湯シャンや椿油のケアをしてみたい」(女性・40代)といった、これからノープーを取り入れる予定の人の声がありました。

とはいえワックスなどの整髪料を使う場合はお湯だけでは落ちないので、やはりシャンプーを使ったほうがいいそうです。つまり実践するには、整髪料を使う必要がないヘアスタイルであることが条件となります。

1 2