堅実女子ニュース&まとめ 自己肯定感どん底からの脱出!noteの女王が自信を取り戻せた理由

noteやTwitterで話題の作家・岸田奈美さん。堅実女子の中にも、彼女の文章を目にしたことがある人がいるのでは?

自身のnoteは年間800万PVを誇り、 “noteの女王” と自称し、幅広い年代の人たちに愛されている岸田さん。アラサー女子である岸田さんの素顔に迫りました!

1回目のインタビュー記事はコチラ

岸田奈美さん

PROFILE:岸田奈美 1991年生まれ。100文字で済むことを2000文字で書く作家。年間800万PVあるnoteのキナリ☆マガジンを中心に、数多くの媒体で連載を持つ。2020年9月、初のエッセイ書籍『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』(小学館)を出版。

社会に出てから低くなった自己肯定感

「小さな頃は、母からも亡き父からも、とにかく褒められて育ちました。『奈美ちゃんは、そのままでいい』『奈美ちゃんの選択をいつも応援する』。どんなときも私のことを温かく認めてくれていました。だから、自己肯定感は高かったと思います。

でも、社会に出ると、家で言われるほど、褒められることがなくなって……。著書でも書いたのですが、櫻井翔さんの取材や『ガイアの夜明け』の出演など、普通ならなかなか取ることができないような仕事をとってくる反面、私、他の人が当たり前にできることができないんです。時間を守れない、取引先との商談で喋りすぎる、タイムカードを押すのを忘れる、など。周りの人たちとの関係も相当ギクシャクしていました。

あぁ、本当の私ってそれほどでもないんだなって」

書くことで自分を好きに

「会社員時代、休職していたときに弟に救われた!と思うことがあって。嬉しくってその内容をFacebookに投稿したら、周りから『めちゃめちゃ面白いから、ちゃんと残した方がいい』と言われ、noteで書くようになりました。そこから、記事がバズってたくさんの人たちに読んでもらえるようになったんです。

また、私の文章を読んだ編集者の方が私のことを『誰も傷つけない笑いを書ける人』と言ってくださったり。今までいっぱい傷ついてきた岸田さんだからこそ、誰も傷つけない文章を書けるんだねって。

たくさんの人に喜んでもらえた、褒めてもらえた……!失敗や辛いことがあっても、文章にすることで解放される。文章を書くことで、自分に自信を取り戻すことができたんです」

ーー会社員時代は自信をなくしていたという岸田さん。作家になって独立して、1年前とは想像できない状況になっているのですね。本当に自分に合った環境や仕事内容を見つけることができたら、自分自身や周りからの評価もガラッと変わるのかもしれません。

1 2