堅実女子ニュース&まとめ DV、モラハラ…付き合う男はダメンズばかり!?こじらせ女子だった“noteの女王”が気づいた、恋愛に必要なことは?

noteやTwitterで話題の作家・岸田奈美さん。堅実女子の中にも、彼女の文章を目にしたことがある人がいるのでは?

自身のnoteは年間800万PVを誇り、 “noteの女王” と自称している彼女の文章は、ギャグに吹き出したと思ったら、涙があふれてくるなど、読む人の心を揺さぶることから、幅広い年代の人たちに愛されています。アラサー女子でもある岸田さんの素顔に迫りました!

1回目のインタビュー記事はコチラ
2回目のインタビュー記事はコチラ

岸田奈美さん

PROFILE:岸田奈美 1991年生まれ。100文字で済むことを2000文字で書く作家。年間800万PVあるnoteのキナリ☆マガジンを中心に、数多くの媒体で連載を持つ。2020年9月、初のエッセイ書籍『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』(小学館)を出版。

DV、モラハラ……変な人たちばかりが近寄ってきた時代

ーー岸田さんと同じアラサー世代の堅実女子の大きな関心事のひとつに、恋愛・結婚があります。

「私も会社員時代はマッチングアプリ使っていました!仕事がうまくいかないもどかしさを恋愛で埋めようとしていたんです。

マッチングしない、うまくいかないことがあるたびに、『私がこんなにダメな女だからだー!』と落ち込んでいました。

そんな中で交際まで発展する人は、DV男とかモラハラ男とか、そういう人ばかり。会社でなかなか認められない中、とにかく誰かに愛されたい、愛されたいと思っていたんですよね。そういう状態のときに近寄ってくるのって、相手を自分の思い通りにコントロールしたいと願う人が多いと感じます。相手に傷つけられても、『私がダメなんだから、傷つけられて当然』と思っていました」

ーーそこから抜け出すことができたきっかけは?

「二村ヒトシさんの『なぜあなたは「愛してくれない人」を好きになるのか』という本を読んだことです。当時の会社の後輩が、彼氏から殴られてアザを作った状態で出社する私を心配して、読むよう勧めてくれて。あの男とだけは別れてください!と。

この本を読んで気づけたんです。誰かに愛を求めるのではなく、まず私自身が自分を愛さなきゃいけないんだって」

ーー人や本との出会いに助けられているのですね。最近はどうですか?

「自分のことを認められるようになってからは、一緒にいて楽しいと思える人と過ごすことができています!文章を書き、発信することで、さまざまな縁が広がっていることを実感する毎日です」

1 2