堅実女子ニュース&まとめ 外注したいけど、家事代行経験者はわずか7%!ワーママが嫌いな家の家事ランキング

ワーママ堅実女子の皆さん、忙しい中での日々の家事、本当にお疲れ様です。夫婦での家事分業化が進む世の中とはいえ、それでも家事をこなすのは本当に大変ですよね。中でも「この家事をやるのは本当にストレス!」という、嫌いな家事は誰でも1つや2つあるのではないでしょうか?

嫌われる家事の1位2位で掃除が独占!

株式会社ビズヒッツが20代~50代のワーキングマザーを対象に実施したアンケートによると、日々の家事の中で「嫌いな家事がある」と回答した人は87%だそう。興味深いことに、その割合は年代が上がるごとに増えているのです。

20代は気力と体力で乗り切れても、年代が上がると家事に対する情熱が薄れる!?

20代で「嫌いな家事がある」と答えた人は75.8%だったのに対し、50代になると91.7%に増加。家事スキルはむしろ経験を積むごとにアップしそうですが、それと同時に年齢が上がるにつれて気力が削がれている模様。さらに加齢による体力低下も一因かもしれません。

では、実際にどんな家事が苦痛なのでしょうか?同調査による総合ランキングは、次のとおりとなりました。

●ワーキングマザーが一番嫌いな家事ランキング

1位 浴室掃除…18.2%   

2位 キッチンの換気扇やコンロ掃除…15.3%

3位 料理…14.9%

4位 トイレ掃除…9.3%

5位 部屋の片づけ…7.5%

6位 アイロンがけ…6.6%

7位 食器洗い…5.8%

1位と2位は“掃除”が独占しており、それに続くのは料理。日常の三大家事といえば料理と掃除、そして洗濯ですが、よくみると洗濯はランク外です。現在の洗濯は衣類と洗剤を洗濯機に入れてボタンを押せば、あとは干すだけ。テクノロジーの進化のおかげで、洗濯嫌いな人は減っているのかもしれません。

1 2